繁忙期でも引越し料金を抑える方法はあります!!

繁忙期でも引越し料金を抑える方法はあります!!

繁忙期でも安く引っ越しできる方法!?

AFCD3E76-A357-4272-BD64-B9D5C2289A92

繁忙期だからといって高くついてしまう料金を諦めてしまっている人も居るでしょう。しかし、高いから仕方ない…と妥協してはいけません!少しでも安く抑える方法はいくらでもあります。料金を安くしたい希望が強い人には是非この記事を参考に行動してほしいです。

引っ越しの予約が取りづらくなる時期はいつ?どのくらい料金が変化するのか

業者側はトラックや作業人員に決まりがあるため予約があまり埋まることが少ない閑散期の料金は安くなりがちですが、繁忙期の料金は閑散期のかなり倍に上がってしまう業者もあります。なぜ料金がそれほどまでに上がってしまうのか詳しく説明致します。

料金が安くなる時期は?

285485C8-10B9-4F57-905A-B77FBAF29A1D

この時期に入ってしまうと料金が高いだけではなく、引っ越しする人が増えてしまうために希望の日程に予約を取ることも難しくなっています。混雑してしまうのはいつ頃になるのか一緒に見ていきましょう。

引っ越しの依頼が集中する時期

3月~4月上旬がピークと言われております。この時期は、就職や進学をされる人が多く、年間の中でも特に引っ越しが多い時期なのです。もちろん依頼が殺到するとなると残念ながら料金が高めに設定されてことは仕方くなり、希望したい日時での予約がとりにくい傾向があります。

ただし、4月の下旬には依頼も多少落ち着いてくる時期になるので一日に回る件数も減ってくるでしょう。減れば料金も安くなり希望日時にも予約ができるという仕組みになります。

9月10月は2番目に引っ越しする人が多い時期

秋の転勤や転職により引っ越しを考える人の依頼が増えるのが9月~10月となり、3月~4月の次に引っ越しするひとが多い時期になります。年間を通し見てみると下記のようになります。

新しい年を迎えるのにぴったりな月と言えば1月です。そのため新年を新居で過ごすために、年内に引っ越しする人が多いことで、12月も高くなることが考えられます。

夏休み・冬休み・春休みなどの子どもの長期休暇時も高くなることが多くあり、5月の連休も料金が高くなる時期です。特に連休前半頃に依頼が多くなってしまいます。長い休みの間に引っ越しを済ませたいと考える人が増えることが理由です。

月で考えると高くなりやすいのが金曜日~日曜日、または祝日です。また、賃貸マンションなどに住んでいる方であれば、退去するタイミングによって新居と旧居の賃貸料が二重になる事を避けるために下旬に引っ越しをする人が多く居ます。月の中で言えば、下旬がやや高くなり、上旬は安くなる傾向があります。しかし、上旬は安くなりますが、家賃の二重払いが考えられるので注意しましょう。

引っ越しする人が少ない時期

1月・11月が狙い目

年始の1月は、何かと忙しくなる時期になるため引っ越しを避ける人が多いようです。しかし、業者によっては年始の数日間はお休みにしているところもあり、料金が上がってしまうかもしれません。

11月は秋の忙しい時期が終わり、気候的にも過ごしやすくなるため引っ越しするにはおすすめです。
引っ越しの依頼が少ないと、依頼件数を少しでも取るために値下げをする業者が増えているようです。だからと言って、予約が入りやすい曜日や時間帯は埋まってしまうことも十分考えられますので、早めに行動しておきましょう。

繁忙期の引っ越し料金を安く抑える方法

4ED7D068-D8FF-42B1-8C15-96E2CD696353

見積もりは早めに

早めに見積もりをしておけば、他社と料金を比較できたり値引き交渉をする時間をとることができます。繁忙期は大幅な値引き交渉は難しくなりますが、有料のオプションサービスが受けられるかを交渉してみる価値はあります。

特に3月下旬の引っ越しはできるだけ避けよう

年間で一番引っ越し件数が多きなるのは3月です。とくに下旬は依頼が殺到するので、値引き交渉するどころか予約をとることも難しくなります。この時期は値引き交渉は厳しく高値になるため、日程を調整することが可能であればこの時期は避けた方が良いかもしれませんね。

休日は避けて平日に引っ越しを

基本的には平日は安く設定している業者がほとんどです。繁忙期だとしても休日を平日に変えるだけで料金を抑えられる可能性が高くなります。

午後便を指定する

引っ越しは午前中に済ませたいという方が圧倒的に多く、午後便にするだけで料金を安くできることもあります。特に同じ県内であれば検討する価値はあるかと思います。

午前中は人気の時間帯なので、料金が高めに設定されています。何時から作業が始まるのかわからないフリー便は困るという人は、午前中の時間指定ではなく午後にするだけでも料金が安くなることもあるので一度問い合わせしてみても良いでしょう。

時間帯は指定せず業者側に任せる

料金が高くなる繁忙期は、業者が設けているお得なプランを頼むことも良い方法です。作業を始める時間を業者に任せる、”時間指定しないフリープラン・フリー便”は午前に始める引っ越しより安いためおすすめです。

ただし、このプランは数件の作業を終えたあとになります。作業を始めるのが夕方、一日の予約状況によっては夜からになる事も…。その為、作業が終わるのが深夜ということもありますのでしっかりと検討してから決めましょう。

■繁忙期の引っ越しは早めに依頼する

スムーズに引っ越しするポイントは、住まいが決まったら早めに依頼をしておくことです。ギリギリに依頼しても大丈夫だとと考えていると、希望の日に予約できないことも考えられます。
重要なのは、早めに新居を決めて引っ越し業者を探しておくことです。このポイントはしっかりと押さえておきましょう。

荷物の量は減らす

引っ越しの費用は荷物の大きさや量により変わります。そのため、持っていく荷物は最小限にすることが重要。必要のないもの使わないものは処分しておき、持っていく必要のあるものは荷造りし、引越し先でも調達できる日用品などは買いだめしないようにしましょう。そうすれば、荷物の量を減らすことができます。
新しく購入する家電や家具は引っ越しが終わってから買う

洗濯機や冷蔵庫などを新しく買う際は、新居に行ってから買いと良いでしょう。買ったお店では配達・設置作業まで行なってくれるとこがほとんどです。
まとめ

引っ越しの費用は、繁忙期や閑散期に依頼する時期や曜日、荷物の量によって料金が違うことがわかります。このポイントを覚えておくことで料金を抑えられる可能性もあるので、ぜひ試してみてください。

やむを得ず、繁忙期に引っ越ししなければいけないひとは、早めに問い合わせをして押さえるようにしましょう。
また、時期をずらすことができるひとは、良い時期を選んで依頼しましょう。

少しでも参考になり、引っ越し料金が抑えられ良い業者が見つけることができたら幸いです。

 

単身引越しするなら大阪の【生活レスキュー隊】にご相談ください。

引越し費用を更にお安くしたい方は、「引越し+不用品買取り・回収セットプラン」がおすすめです!
・引越し費用を安く抑えたい
・引越しする当日まで不用品を使用したい
・引越しと不用品買取り・処分を一緒に済ませたい
という方は、引越しと不用品買取り・回収が同時にできる生活レスキュー隊へご依頼ください。

不用品買取りサイトはこちら

不用品回収サイトはこちら

お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ:0120-580-919

0120-580-919

9時〜21時365日対応

LINE

LINEでお問い合わせ
24時間受付中!

LINE装飾