引越し業者が行う”養生”とは??

引越し業者が行う”養生”とは??

こんにちは!
生活レスキュー隊です。

引越し業者が行う”養生”とは??

引越しをする当日は、限られている時間で業者の人や荷物を移動させるので、どれほど注意して作業をしているとはいえ気付かないうちに傷や汚れがついていたというトラブルは避けることは難しいことでしょう。

しかし、せっかくの新居での新しい生活がスタートするというのに傷や汚れがついてしまったとなると、せっかくの楽しい気分も台無しですよね。ですが、引っ越し業者は荷物を新居に運ぶ前に、傷やぶつけやすい部屋の角などを中心に専用のカバーを付けて搬入を行います。これを養生(ようじょう)と言います。物や人が当たってしまっても荷物が擦れて壁や床に直接傷や汚れがつくことを防ぐことができる効果があります。


ですが、どこにどんな養生をしているのか、養生作業には別料金がかかってしまうのか、単身の引っ越しや少量の荷物の引っ越しでもきちんと養生を行ってくれるのかは、分からないものです。

養生の範囲はあるのか?

引っ越し業者へ依頼した際に行ってくれる養生は、プランの内容や荷物の量で判断されるといったことはなく、全ての引っ越し作業に養生は含まれていることがほとんどです。しかし、各物件の造りにより養生箇所に変化があり、箇所によっては業者の方の判断となります。

5AFDC21F-AE89-4F27-8F20-AC81408325CB
一般的に養生される箇所は、出入りの多い玄関や廊下などの角になっている箇所や大きな家具・家電を通す場所の壁や床・手すりが挙げられます。またマンションの階段や、一戸建ての家は、階段や壁にも養生をします。通り道と荷物を一時的に置く場所には養生されることが多くあります。

例えば単身引っ越しやマンスリーマンションに引越す方の場合は、ダンボールだけの引っ越しになることもあるでしょう。そういった場合は養生はせず床にフロアシートを敷くだけということもあるようです。荷物を搬入する際は、もちろん荷物は床に置いていくのでその際にキズが付かぬように保護します。

また、冷蔵庫や大きな家電は、いくら運び慣れているとはいえ一気に運ぶのはとても大変な作業になります。その為にも一度降ろして担ぎ直しができるように事前に仮置き場を決めて用意をします。また、エレベーターがあるマンションであればエレベーターの中にも養生を行います。その際は、マンションの管理組合に事前に確認しておくことで、トラブルを事前に防ぐことが可能です。

養生の種類とは?

傷や汚れが付きやすい場所を事前に確認し養生をします。ただ傷が付かないようにカバーするのではなく、それぞれにあった資材で養生を行います。では、どのような資材があるかご紹介致します。

プラスチック製のパネルプラスチック製のパネルではありますが、しっかりとした作りで頑丈。家具の角が当たった場合でも、傷が下まで影響することはありません。玄関・各部屋のドア・壁・柱・など、傷がつきやすい部分をガードしてくれます。特によく使われている場所がエレベーターなど、マンションの共用部分のガードにも使用されています。

キルティングマット綿の入った布製のマットです。プラスチック製のパネルより滑りにくい資材で、床・廊下・階段に敷いて使用します。

フロアシートダンボールの摩擦による床への傷を防ぐことができ、荷物を置く仮部屋に敷いて使います。

BF01AE87-CA6F-4C18-9137-0215AC3E1AB0

また、養生にかかる費用は、基本料金またはプラン内容に既に含まれている業者がほとんどです。しかし、養生は別料金なっているところもあるかもしれませんので、見積もりの際に確認しておくと良いかもいれません。

注意点

養生をしっかり行っていても、掃除や片付けをしているときに傷を見つけることも…。搬入時なのか、片付けしているときについた傷なのか分からずトラブルになってしまうこともあります。それらを防ぐ為にも、当日に注意しておくべき点をお教えします。

●作業が始まる前に事前に部屋全体を確認しておくと良いです。できるだけ細かく確認を行い、気になる点があれば写真を撮って残しておきましょう。

養生の設置や撤去の工程をきちんと見ましょう。養生の固定でテープなどを使用することがあり、粘着部分の残らない専用のテープを使用していますが、まれに痕が残ってしまったり、テープを剥がす際にクロスが剥がれてしまうことも。又は、養生の資材を出し入れする際に壁に当たってしまう可能性もゼロではありませんので、設置や撤去のときはその場に立ち会って確認しておくと後々のトラブルを回避が可能です。

傷などのチェックは、引越し当日のうちに済ませておきます。荷物も運び終わり、一段落付きたいところではありますが、傷や汚れの確認は必ずその日のうちにチェックしておくのです。できれば、掃除や片付けを始める前に行うことが好ましいです。時間や日が経ってしまうと、いつついたのかわからなくなってしまうからです。

引越し業者によって、すべての作業が完了後に立ち合いのもとで確認してくれる業者もあり、万が一引越しによる傷や汚れを発見した際は、早めに業者へ連絡します。

自力での引越しの場合でも、養生は必要?

E621AE2E-9057-4BA5-B26E-80810FD29650

個人での引越しを考えている場合でも、もちろん養生の資材も準備が必要になり、養生作業も全て行わなければいけません。荷物も少ないし注意すれば大丈夫だろう。と養生せず引越しする方も居ますが、注意をしていても荷物が壁などに当たってしまい、壁などだけでなく家具や家電まで傷ついてしまったり、賃貸のマンションであれば退去時の修繕費が高くなってしまう恐れもありますので、簡単な方法でも良いので養生をしておいたほうが安心です。

引越した新居は、なるべくキレイに住み続けたいですよね。新しい新生活をスタートする日に壁に傷をつけてしまってガッカリ。このようなことを避けるためにも、壁や床などにしっかりと養生をしておくことをオススメします。引越し業者に作業を頼んでいる場合は全てを作業員の方にお任せできますが、個人での引越しの場合は梱包も行なわないといけない為、引越し当日の大切な養生作業をすっかり忘れてしまうことでしょう。しっかりと意識し気持ちよく新居に新生活をスタートできると良いですね。

引越し費用を更にお安くしたい方は、「引越し+不用品買取り・回収セットプラン」がおすすめです!
・引越し費用を安く抑えたい
・引越しする当日まで不用品を使用したい
・引越しと不用品買取り・処分を一緒に済ませたい
という方は、引越しと不用品買取り・回収が同時にできる生活レスキュー隊へご依頼ください。

不用品買取りサイトはこちら

不用品回収サイトはこちら

お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ:0120-580-919

0120-580-919

9時〜21時365日対応

LINE

LINEでお問い合わせ
24時間受付中!

LINE装飾