積みきりプランって何?コツと注意点をご紹介!

積みきりプランって何?コツと注意点をご紹介!

こんにちは!
生活レスキュー隊です。

積みきりプランって何?コツと注意点をご紹介!

皆さんは積みきりプランという言葉を聞いたことはありますでしょうか?聞いたことはあるけど、どんなプランか知らない。という方には是非こちらを読んでいただけたらと思います。

1台のトラックに荷物を積めるだけのプラン

F8D88CC1-A520-452F-929C-D21E16AEA7F2

引っ越し業者は今各地でたくさんあり、様々なプランを設けています。そんな中、トラック積みきりプランがあります。それはどのようなプランになるかと言いますと、トラックの荷台に荷物を積めるだけ積めて運ぶ内容です。こちらのプランを見積りのときに担当の人に提案するのも良いのですが、プロの目線で見積りしてもらった際に、積みきりプランがお得かを見てもらいプランを決めるのも良いかと思います。

例えば、相見積もりの場合でも3社の引っ越し業者の見積もりを取った際に、1社の引っ越し業者だけ大きいトラックで見積りを提示してくるところもあります。その場合には見積りミスといったケースもありますので、そういったときには、積みきりプランが安くできることがあげられるのです。

積みきりプランのリスクとは?

64CB0C5D-F809-4C0A-AD1F-567F99B74518

積みきりプランは、トラックの荷台がいっぱいになるまで荷物を綺麗に積み込んでいきます。このため、思っていたよりも余裕を持って積められるなど荷物が少量であったときを除いては、トラックのスペースが無駄になることはありません。しかし、このプランは、積みきりであるため積み残しのリスクが出てくることもあるでしょう。

積み残しが出てしまうのかどうかはトラックに荷物を積んでみないと分かりません。そういった意味では、大変リスクが高いサービスかと…。そもそも積み切りプランとは、引越し費用を安くすることが最大の目的であり、引越し業者としては荷物が全て積むことができなかった場合でも、何の補償も設けていないことや補償してくれないことが多いようです。

何故そのようなリスクが出てきてしまうのでしょうか?
一般的には、見積りをするときお荷物を多めに見積りを取ります。そのため、トラックのスペースが開く場合も良くあるケースですので特にリスクを感じる事もありません。

まれにスペースなくギリギリで積み込むことができたといった場合もあり、業者のスタッフがいかにうまく積み込んでいくかにも変わります。その為、見積りにミスがあり積み残しが出てしまい、お客様の車で運んでもらうといった場合もあるようです。

積み残しをがあるかもしれないことは覚悟で

積みきりプランは、荷物が入りきらなかった場合を想定しておくと焦ることなく対処できることでしょう。想定しておくことに実際に荷物を積み込む際に、必ず積んで欲しい荷物から載せていくことができるからです。その為にも、運搬前に優先順位を決めておくと良いでしょう。

もしも、積み残しがあったときでも大きな荷物を優先的に載せてもらえれば小さな荷物のダンボール類など、ご自身で運ぶことや宅配を使って対処することが可能です。しかし、これはまれに起こる事ではありますので大きなトラブルになることはほとんどありません。見積もりの際に推測した荷物の量と、実際の荷物の量には、それほど大きな誤差は生じません。ですので、たくさんの荷物が載せきれないといったこともありませんし、そうなってしまう場合は、事前に業者が伝えてくれます。

積みきりプランは短距離・中距離の引越しにオススメ!!

上記でもお伝えした通り、積みきりプランでは万が一のこともあるので積みきれなかったことを想定しておかなくてはなりません。その為、対応がしやすいように短距離・中距離のお引越しの方にオススメのプランです。この距離であれば、焦らず対応できる距離となります。しかし、積めなかった荷物が少量であれば長距離引越しでも、宅配便などを使って引越しすることもできます。また、見積りの際の金額とは変わってしまうこともありますが、プラン変更して対応してくれる業者もありますので安心です。

3つのポイントでリスクを回避!

積み切りプランを使用する際は、3つのポイントを覚えておくと失敗することなく引っ越しができます。当日に積み残しが発生することを回避することができます。積みきりプランを予定している方は特に参考にして下さい。

あまり使っていない物や不要品は処分する

EC848E2F-4D07-43AE-B3B6-D50D585C4E2A

見積りを依頼したときに、荷物の量を確認してからトラックのサイズを決めるのが一般的。引っ越しする予定が決まった時点で不用品は全て処分すると良いです。これは通常の引っ越しであっても同じことです。普段使用していない荷物は見積り時に見せ忘れがあり、そのような時に積み残しが出てしまうケースが多いようです。また、正確な荷物の量が分からないと最適なトラックのサイズも分からない原因になるのです。

必ず訪問見積もりをしてもらう

93F292A5-0BAF-49CF-A2AA-FB5C38D7AA61

最近は、電話やネットのみで見積りをされるケースが増えています。しかしながら、積み切りプランを行うときは、必ず訪問見積もりをしてもらうことが大切です。電話やネットのみでの見積りをしてしまうと正確な荷物の量がわからず積み残しの原因にもなりかねません。トラブルを回避するには、しっかりと業者の方に訪問してもらい確認してもらうことが重要なポイントとなります。

積み残しが出た場合を想定しておこう

積み残しが出た場合を、想定しておく。できれば、トラブル発生時に焦ってしまわないようにも積まなくても大丈夫な荷物を先に選んでおいた方が焦らずに済みます。最悪の想定をすることで冷静に対処ができるのです。

注意点

次に積みきりプランを依頼するときの注意点をご紹介します!積みきりプランはトラブルが起きやすいプランですので対応していない業者もあります。これからご紹介する注意点を参考に、依頼するかじっくりと考えましょう。

別のプランで安くなる方法はないか確認を

引越し料金を安く抑えられるからといって積みきりプランにあっさり決めないように注意が必要です。他のプランや引っ越し方法によって予算を抑えられる方法はいくつでもあります。各業者で設けられている割引キャンペーン・早期予約・日時時間を指定無しの方法などでも安くできるサービスもあります。その為にも、色々な引越し業者に相見積もりをし、値引き交渉をしてみましょう!

標準サービスが提供されない場合も

たとえば、梱包用のダンボールの無料提供や養生作業など行ってもらえないケースがあります。また他にも、時間指定が出来ないなどのケースも考えられます。積みきりプランをお考えの場合は、一度利用できないサービスは何か確認をしましょう。

荷物の量が多いのなら別のプランで

04FEAE80-EFB2-4A57-B94B-147B185B7B99

積み切りプランは、小さな荷物は自分で運び一人で運ぶのは厳しい荷物のみを業者にお願いする方が向いています。そのため、荷物の数が多い人にはおすすめしません。引っ越し費用を安くしたいという人は、荷物の量を減らすためにもたくさんの処分しなくてはいけません。

単に費用を抑えるというだけで、積み切りプランを依頼してリスクを負わないように注意しましょう。

引越し費用を更にお安くしたい方は、「引越し+不用品買取り・回収セットプラン」がおすすめです!
・引越し費用を安く抑えたい
・引越しする当日まで不用品を使用したい
・引越しと不用品買取り・処分を一緒に済ませたい
という方は、引越しと不用品買取り・回収が同時にできる生活レスキュー隊へご依頼ください。

不用品買取りサイトはこちら

不用品回収サイトはこちら

お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ:0120-580-919

0120-580-919

9時〜21時365日対応

LINE

LINEでお問い合わせ
24時間受付中!

LINE装飾