急な引越し!?即日引越し準備の手順とは?

急な引越し!?即日引越し準備の手順とは?

こんにちは!
生活レスキュー隊です。

即日や当日など急な引越し!見積りと引越し準備の手順

B07B1139-CE87-41FE-A41C-C11EA51B246A

勤め先の都合や、やむを得ない事情によって急遽引越ししなければいけないという方も。急な事例で今日明日にでも引越しする必要があるとなるとなるべく早く荷物を運ぶ必要がありますが、何から手をつけて良いかわからず焦ってしまいますよね。そうなってしまわない為にも引越し業者の手配や準備手順についてご説明させていただきます。

今回の記事では、そんな急な引越しの手配方法や、急いでいてもどうしても引越し料金が気になる方々のために見積もりした際の料金について解説していきます。時間の無い中で焦ってしまうお気持ちは分かりますがが、焦らず落ち着いて行動ができるように、今回の記事を参考にしてもらえたらと思います。

即日引越しや当日引越しに対応できる業者見つけよう!

本来であれば、引越し業者への見積もりや作業依頼は二週間から早くて1ヶ月前から探して準備に取り掛かります。しかし、仕事や事情によってすぐに引越しをしなくてはいけない場合もあります。まずは急ぎの場合はすぐに引越し業者に連絡しましょう。”こんな急に引越し依頼しても対応してくれるの?”など考える前に先に問い合わせをして業者に相談することが大切です。

しかし、即日引越しに対応している引越し業者はありますが、条件によっては対応ができず断られてしまうケースもあります。それはどういった条件があるのかをご紹介していきます。

忙しい時期は要注意

残念なことに、3月~4月の繁忙期にについては、引越し会社もトラックの空きがなく予約がたくさん集中してしまう時期になりますので、当日の対応は難しいと言われてしまう可能性が非常に高くなります。3月~4月に即日で引越しをしなくてはいけない方は、引越し業者を見つけるのに苦労することを覚悟の上で、とにかく多くの引越し業者に連絡を入れましょう。

即日引越しを受けてもらえる条件は?

当日でも引越し業者が引き受けてくれる可能性が高いのは、一人暮らしで荷物が少量の場合です。特に、ワンルームに住んでいる単身の方などは荷物量が少ないので、急遽の依頼でも対応が可能な引越し業者もあり引き受けてもらえる可能性が高いです。状況によって異なりますが、予約状況によってはスケージュールを調節して対応してくれる業者もいますので一度相談をしてみましょう。

明日引越しを行うために見積もりを急ぐ方法

即日ではなく明日に新居に引越しをしなくてはいけないという方は、当日引越しを考えている方よりも予約ができる可能性が高まります。ただし、急ぎであることに変わりありません。その様な場合にスムーズに見積りを行えるようにどのような方法があるのかを解説します。

前日に見積もりを終えて作業予約をしましょう

明日の引越しを考えている方は、前日までには必ず業者に見積もり・依頼・予約を完了させておきましょう。そのためには、今すぐ引越し業者に電話をして、見積りをお願いしましょう。見積りの際は訪問見積もりに来てもらうことをオススメします。実際に訪問して見積りを出してもらえれば引越し終了後に料金が上がってしまうケースが少なくなります。訪問見積もりは当日でも対応してもらえることが多く、引越し会社の担当者と直接話ができ、気になることがあればその場で聞く事ができ、スムーズに作業が進むことでしょう。また、単身者で荷物が少なく電話で運ぶ荷物を伝えられるのであれば、電話で見積もりを終わらせてしまうことも可能です。単身引越しのお客様であれば、電話でも見積もりを出してくれる引越し業者も少なくはないでしょう。

見積もり時の引越し料金を安くする方法

ここまで、急ぎの場合の引越しはすぐにでも引越し業者に問い合わせをしましょう。とご説明させていただきましたが、より安い見積もり金額を出してもらうためには、「一括見積もりサイト」で料金を比較をするをオススメします。少しでも引越しに余裕がある場合などは一度利用してみるのも良いかもしれませんね。

引越し業者が見つからない場合はどうする?

たくさんの引越し業者に問い合わせしてみたがどこも即日引越しでは対応ができないと断られてしまったという方は、別の方法を考えなくてはいけません。荷物の運搬方法は色々ありますので、自身にあった方法で運搬するようにしましょう。新居が既に決まっており旧居をすぐに引き渡さなくてはいけない場合は以下を参考にしてみてください。

  • 宅配便・宅急便を利用して荷物を送る
  • 自身ででレンタカーを借りて荷物を運ぶ
  • 大きめの荷物だけ自家用車で運ぶ

このように引越し業者が見つからなかった場合でも運搬方法はいくつかあります。しかし、人によってできる方法とできない方法がありますので参考までにどうぞ。また、新居が決まっていない場合は、荷物を一時的に預かってもらえる方法もありますので利用してみましょう。
では運搬方法についてどのようなして行うのか詳しく解説いたします。

宅配便・宅急便を利用して荷物を送る

引越しの費用も安く抑えられることができますので、荷物は自身で持っていかなくてもご自宅に集荷に来てもらうことができるので当日に集荷から配達まで一気に対応してくれることも可能です。マンスリーマンションに住まれており運ぶ荷物がダンボールのみで少量であれば宅急便も検討してみましょう。

自身でレンタカーを借りて荷物を運ぶ

引越し業者が見つからない場合は、レンタカーを利用する方法があります。引越し業者にお願いすれば運搬作業なども全て行ってくれるため、手間が省けますが、自身で行うとなると全ての作業を1人で行うことになるのでとても大変な作業とはなります。しかし、近距離であればすぐにでも引越しすることが可能です。引越しする時間帯も自分の都合に合わせて引越しをすることもできます。

C773438D-49A5-450C-ABBD-B8E07502CD26

一時預かりサービスを利用する

トランクルームや収納スペースをレンタルし、一時的に荷物を預けておくことができます。絶対に必要な荷物だけを先に持っていき後日、引越し業者に運搬してもらうといった方法もあります。荷解きがある程度落ち着いてから大型家具などを設置したい方にはおススメです。

即日引越しのまとめ

さて、たくさんの方法をご紹介させていただきましたが、急な引越しで一番重要なポイントになるのが2つあります。

とにかく即日引越しに対応可能な引越し業者を見つける

電気・ガス・水道などのライフラインの手続きを忘れないこと

この2つのポイントを覚えておけばなんとか無事、引越しすることができるでしょう。急な引越しを経験されることは少ないかと思いますが、少しでもこの記事が参考になり、焦らずにスムーズに引越し作業が行えることが出来たらと思います。

お陰様で、一度お引越しいただいたお客様から数多くの再利用・ご紹介を頂いております。

今後もお客様に「また利用したい!」「生活レスキュー隊に引越しを頼んで良かった!」と言っていただけるように頑張ってまいります!!

生活レスキュー隊では、ご家族や単身のお引越しなど、お客様にご満足いただけるように、お客様一人ひとりに合わせた引越しサービスをご提案致します。

もちろんお見積りは無料ですので、お気軽に生活レスキュー隊へお電話下さい!!

お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ:0120-580-919

0120-580-919

9時〜21時365日対応

LINE

お気軽に
お問い合わせください

LINE装飾