荷物の保管にお悩みの方必見!一時預かりサービスをうまく活用しよう!!

荷物の保管にお悩みの方必見!一時預かりサービスをうまく活用しよう!!

こんにちは!
生活レスキュー隊です。

引越しプランに一時預かりサービスといった言葉を聞いたことはありませんか?近年はさまざまなプランやサービス内容が各業者ごとに変化しつつあります。今回の記事では、引越しにあたり荷物の保管にお困りの方のためにどのようなサービスなのか、またサービス内容をご紹介していきたいと思います。

どうしよう?引越しで困った時の荷物一時預かりサービスとは?

BF842543-75C5-4D94-A29C-2B3CA45C18A7

新しく新居立てるのに完成するまで仮住まいを考えている、転居先に今ある荷物が入りきらない、といったケースでよく利用されているのが、引越し会社で設けられている荷物預かりサービスやトランクルームに預けるといった方法です。長い期間ではなく、一時的に荷物を預ける選択肢としてオススメしています。

一時預かりサービスを利用する理由

荷物の一時預かりサービスは、引越しだけで利用されるのではなく、様々な事情で自宅に荷物を置けないなどの場合にとても便利なサービスと言われています。たとえば、一戸建ての建替えや大きなリフォームをしているなので仮住まいを利用するにあたり、荷物が全部は入りきらない、借家から借家に引越すタイミングが合わず一時的に荷物を預ける必要があるなどの際に利用することができます。特に利用する多くの場合はこんなものが挙げられます。

  • まだ新居に家具を入れられない
  • 遠方からの引越しで移動時間がかかる
  • 単身赴任先の家がまだ決まっていない
  • 家のリフォームや建て替えをする

以前までは、転居などで荷物を一時的に預けるといえば、トランクルームが主流となっていましたが、引越し会社の荷物の一時預かりサービスが始まったことにより、預け先の選択肢が広がりまた便利に利用できるようになりました。

短期間の場合は一時預かりサービスを

引越しのとき、退去と転居先への入居時期に誤差が出てしまう場合もあり、荷物の扱いに悩まれる方も少なくはありません。一時的に過ごす場所を確保することはできても荷物はそうはいきません。また、リフォームや建て替えをする際も、最低限の荷物は仮住まいに置き、多くの荷物は他の場所に保管しておかなければならない悩みも出てきます。そのような場合に引越し業者の一時預かりサービスが最近、注目を集めています。

  • 退去と入居のタイミングがずれた場合
  • 自宅の建て替え
  • 大がかりなリフォーム
  • 新居に設置できない大型家具がある場合

特に、引越し業者の一時預かりサービスは、搬出や保管、搬入が1回で済む便利さが挙げられます。トランクルームを借りる際は、その他全ての作業を自分たちでしなくてはいけません。そういった面で引越し業者に頼むことにより手間を省くことができます。特に、一人暮らしの方で荷物の数が少量の短期間であれば一時預かりサービスがオススメ。

一時預かりサービスは、ほとんどが保管料と配送料が必要になります。引越し業者によって内容に違いはありますが、2日程度であればトラックに積んだままで保管をし、長くなる場合はコンテナ保管になります。保管期間や、荷物の量によって料金は変わります。引越し業者の一時預かりサービスは短期間の保管に向いてはいますが、基本的に荷物の出し入れはできませんのでご注意を。

価格やサービスも業者によってそれぞれ異なりますので、ネットで調べたり業者に直接問い合わせをしてみることが大切です。また、業者によって保管ができない荷物もありますのでそれらも事前に確認をとっておきましょう。

一時預かりサービスの特徴

引越し会社によって、荷物の一時預かりサービスの利用ができる条件があるところも。新築やリフォーム以外でも利用が可能かなども必ず確認しましょう。また、通常の引越し・新居の退去待ちといった場合でも、オプションとして荷物預かりを受け入れている会社もありますので色々な業者ををピックアップしていきましょう。

料金

通常では保管期間に応じて保管料が変わりますが、1ヶ月未満などの短期間の場合は追加料金で済む場合もあれば、無料という会社も実際にあります。荷物の量や入庫・出庫にかかる搬送作業費、仮住まいまでの距離などによっても料金が変わります。

保管期間

1ヶ月から数ヶ月、最長で半年程度の場合が多いようです。追加料金は、荷物の量やトランクルームの大きさによって発生します。

保管場所

業者が所有しているトランクルームか、提携先を紹介される場合のどちらかに分かれます。どちらも保管料・配送料は発生しますが、自社でトランクルームを所有している会社の方が安くで保管してもらえることができます。

では、次に引越し業者に荷物を一時的に預けるメリットとデメリットについてご説明します。

0C44F309-3A73-4A99-B906-A68F4BB86C6A

メリット

一番にあげられるメリットは、引き取りから保管・配送まで全て行ってくれることです。見積もり依頼をし、荷造りを済ませたら後は全部、荷物の搬出から搬入まで業者に任せることができます。保管時に荷物が傷つかないように梱包した状態でしてくれるので、自分で運ぶより断然安心ですよね。また、自分で作業を行なうとなると大がかりな作業になるので便利なサービスかと思います。保管期間が数日程度の場合は、交渉次第では引越し料金内で預かってもらえることもありますので一度交渉をしてみましょう。

デメリット

荷物ならなんでも預かってもらえるという訳ではなく、物によって適切な保管ができない場合もあり、業者によって保管できるものも違います。中には大型荷物の車・バイク・ピアノといったものは断られる可能性が高くなります。

また、荷物の出し入れが自由にできない場合が多いので、頻繁に使うものは預けないようにして、しばらく保管して問題ないものを選んで預ける必要があります。一時保管サービスに預けた荷物は引越し業者様によって保管倉庫に預けられてしまいますので、必要になった時にすぐ取り寄せる事ができません。どうしても必要になった場合は手数料を払って持ってきてもらうことになりますので、一時保管サービスに預ける荷物は預ける期間中は使わない、使用する必要性が無い物を重点的に預けましょう。また、一時預かりサービスに出す荷物を間違えないように、預ける荷物のダンボールに目印などをつけて間違いを防ぐのも有効です。

お陰様で、一度お引越しいただいたお客様から数多くの再利用・ご紹介を頂いております。

今後もお客様に「また利用したい!」「生活レスキュー隊に引越しを頼んで良かった!」と言っていただけるように頑張ってまいります!!

生活レスキュー隊では、ご家族や単身のお引越しなど、お客様にご満足いただけるように、お客様一人ひとりに合わせた引越しサービスをご提案致します。

もちろんお見積りは無料ですので、お気軽に生活レスキュー隊へお電話下さい!!

お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ:0120-580-919

0120-580-919

9時〜21時365日対応

LINE

お気軽に
お問い合わせください

LINE装飾