荷物の保管にお悩みの方必見!一時預かりサービスをうまく活用しよう!!

荷物の保管にお悩みの方必見!一時預かりサービスをうまく活用しよう!!

こんにちは!
生活レスキュー隊です。

荷物の保管にお悩みの方必見!一時預かりサービスをうまく活用しよう!!

引越しプランに一時預かりサービスといった言葉を聞いたことはありませんか?近年はさまざまなプランやサービス内容が各業者ごとに変化してきています。今回の記事では、引越しにあたり荷物の保管にお困りの方のためにどのようなサービスなのか、またサービス内容をご紹介していきたいと思います。

どうしよう?引越しで困った時の荷物一時的に預かるサービスとは?

BF842543-75C5-4D94-A29C-2B3CA45C18A7

新しく新居立てるのに新居が建て終わるまで仮住まいを考えている、転居先に置いてある荷物が入らない、といったときによく活用されているのが、引越し会社で設けられている荷物預かりサービスやトランクルームに預ける方法です。長い期間ではなく、一時的に荷物を預ける選択肢としてオススメです。

一時預かりサービスを利用する理由

荷物の一時預かりサービスは、引越しだけで利用されるのではなく、様々な事情で自宅に荷物を置くことができないなどの場合にとても便利なサービスです。たとえば、一戸建ての建替えや大きなリフォームを行っているなので仮住まいが必要なときに、荷物が全部は入らない、借家から借家に引越すタイミングが合わず一時的に荷物を預けなくてはいけない場合などの際に利用する人がほとんどです。特に利用する多くの場合はこんなものが挙げられます。

  • まだ新居に家具を運べない
  • 長距離の引越しで移動時間がかかる
  • 引越しする家が決まっていない
  • 家のリフォームをする

では、転居などの理由で荷物を少しだけ預けておくとなれば、トランクルームが主流となっていましたが、引越し業者の荷物を一時的に預かってくれるサービスができた為、預け先の選択肢が広がりまた便利な方法が増えてきました。

短期間の場合は一時預かりサービスを

引越しのとき、退去と転居先への入居時期に誤差が出てしまう場合もあり、荷物の扱いに悩まれる方も少なくはありません。一時的に過ごす場所を確保することはできても荷物はそうはいきません。また、リフォームや建て替えをする際も、最低限の荷物は仮住まいに置き、多くの荷物は他の場所に保管しておかなければならない悩みも出てきます。そのような場合に引越し業者の一時預かりサービスが最近、注目を集めています。

  • 退去と入居のタイミングがずれた場合
  • 建て替え
  • 大きなリフォーム
  • 新居に置くことができない大型家具

特に、引越し業者の一時預かりサービスは、搬出や保管、搬入が1回で済む便利さが挙げられ、トランクルームを借りる際は、その他全ての作業を自分たちでしなくてはいけません。そういった面で引越し業者に頼むことにより手間を省けます。特に、一人暮らしの方で荷物の数が少量の短期間であれば一時預かりサービスがオススメ。

一時預かりサービスは、ほとんどが保管料と配送料が必要です。引越し業者によって内容に違いはあり、2日程度であればトラックに積んだままで保管をし、長くなる場合はコンテナ保管になるでしょう。保管期間や、荷物の量によって料金が変わりますので注意しましょう。引越し業者の一時預かりサービスは短期間の保管に向いてはいますが、基本的に荷物の出し入れはできませんのでご注意を。

価格やサービスも業者によってそれぞれ異なりますので、ネットで調べたり業者に直接問い合わせをしてみることが大切です。また、業者により保管してもらえない物もあるのでそれらも事前に確認をとっておきましょう。

一時預かりサービスの特徴

引越し業者によって、荷物の一時預かりサービスの利用ができる条件があるところも。新築やリフォーム以外であっても利用が可能か必ず確認しておきましょう。また、通常の引越し・新居の退去待ちでも、荷物の預かりを引き受けてくれる業者もあるので色々な業者ををピックアップしておきましょう。

料金

通常では保管期間に応じて保管料が変わりますが、1ヶ月未満などの短期間であれば追加料金を支払うだけで済むこともあれば、無料という業者も実際にあるのです。荷物の数・搬送作業費・仮住まいまでの距離によっても料金が変わります。

保管期間

1ヶ月から数ヶ月、最長で半年のケースが多く、追加料金は荷物の数やトランクルームの大きさによって変わります。

保管場所

業者が所有しているトランクルームか、提携先を紹介される場合のどちらかに分かれます。どちらも保管料・配送料は発生しますが、自社でトランクルームがある業者であれば安くで保管してもらえるでしょう。

では、次に引越し業者に荷物を一時的に預けるメリットとデメリットについてご説明します。

0C44F309-3A73-4A99-B906-A68F4BB86C6A

メリット

一番にあげられるメリットは、引き取りから保管・配送まで全て行ってくれることです。見積もり依頼をし、荷造りを済ませたら後は全部、荷物の搬出から搬入まで業者に任せることができ、保管時に荷物が傷つかないように梱包した状態でしてくれるので、自分で運ぶより断然安心ですよね。また、自分で作業を行なうとなると大がかりな作業になるので便利なサービスかと思います。保管期間が数日程度の場合は、業者に交渉をうまくできたら引越し料金内で預かってもらえるケースもありますので一度交渉をしてみましょう。

デメリット

荷物ならなんでも預かってもらえるという訳ではなく、物によって適切な保管ができない場合もあり、業者によって保管できるものも違います。中には大型荷物の車・バイク・ピアノといったものは断られる可能性が高くなります。

また、荷物の出し入れが自由にできなくなるので、良く使うものは預けず、一時的に預けても大丈夫なものを選んで預ける必要が出てきます。一時保管サービスに預けた荷物は引越し業者様によって保管倉庫に預けられてしまいますので、必要になった時にすぐ取り寄せる事ができません。どうしても必要になった場合は手数料を払って持ってきてもらうことになりますので、一時保管サービスに預ける荷物は預ける期間中は使わない、使用する必要性が無い物を重点的に預けましょう。また、一時預かりサービスに出す荷物を間違えないように、預ける荷物のダンボールに目印などをつけて間違いを防ぐのも有効です。

引越し費用を更にお安くしたい方は、「引越し+不用品買取り・回収セットプラン」がおすすめです!
・引越し費用を安く抑えたい
・引越しする当日まで不用品を使用したい
・引越しと不用品買取り・処分を一緒に済ませたい
という方は、引越しと不用品買取り・回収が同時にできる生活レスキュー隊へご依頼ください。

不用品買取りサイトはこちら

不用品回収サイトはこちら

お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ:0120-580-919

0120-580-919

9時〜21時365日対応

LINE

LINEでお問い合わせ
24時間受付中!

LINE装飾