業者選びの基準と長距離引越しの費用を抑える方法をご紹介!!

業者選びの基準と長距離引越しの費用を抑える方法をご紹介!!

こんにちは!
生活レスキュー隊です。

業者選びの基準と長距離引越しの費用を抑える方法をご紹介!

皆さんは、お引越しするにあたりどんな基準で引っ越し業者を探していますか?近距離での引っ越しなら友人に協力してもらうこともできます。またある程度の引っ越し業者を決めているのならスムーズに進められることが多いですよね。ですが、長距離の引っ越しとなると、不安や心配事が多く出てくることも。長距離引っ越しは新居の決定や持っていく荷物の確認で、時間がかかることでしょう。また業者を探すのであれば条件もあることでしょう。例えば、引っ越しによる保証内容・料金・サービス内容が重要となります。では、下記で業者選びと基準点を詳しくご説明します。

引っ越しする時は何を基準に業者を選ぶ?

AA4B54BD-4BE5-446B-A000-C96B49B956C2

引っ越し業者に依頼することで全国どこでも運んでくれるため安心して任せられるのですが、料金とサービス内容も近場での引っ越しとは違って高額になってしまうことが分かっています。説明のみで荷造り、荷解きは全て任せられるおまかせプランもありますが、やはりこの内容では料金は高くなることはお分かりかと思います。

引っ越しする時に最低限のサービス内容は欲しいと希望されるのが梱包用のダンボール箱、ガムテープ、布団袋、ハンガー付ボックスや靴箱は準備してもらいたいとのことです。他には電気機器の設置や配線作業があげられます。これについては一人暮らしの方の引っ越しや女性が希望されることがあります。引っ越し料金を抑えたい!そんな方は知人にオススメの業者を聞いてみたり、インターネットで検索してサービス内容を詳しくチェックしてみると良いかと思います。

ポイント

まずポイントは、料金を一番にサービスは二番目に考えることです。長距離引っ越しの場合は移動距離で料金が変わることが分かっています。少しでも安く出来ることと言えば、梱包や荷造りを自分でやる方法ぐらいです。いかに安くてサービスの良い業者を見つけて決断できるかが重要です。

2A13790C-AF0D-4AD0-BFCD-BED77BABEF07

作業中に建物の壁や家具でもヘコミやキズなどついたら修復料がかかります。作業が早くて安いは良いですが、丁寧に養生・梱包を行って大切に取り扱ってくれる業者を選びたいところ…。特に女性には大変な作業になるので新居への家具のセッティングやテレビの配線、設定は任せられる良いですよね。そのような内容もしてもらえるのかは事前に確認しておきます。

最初の見積もりが肝心

37BE6F98-A031-481A-BEB3-B0D65CADDDA6

近場での引っ越しは、見つけて気になった業者から相見積りを行ってから説明を受けて決めることが一番良い方法です。最低3社は相見積りを依頼することをオススメします。詳細をはっきり決まっていなくて見積りが正確にできておらず引っ越し当日に追加料金が発生したり、破損したときの保証が無い…。などのトラブルが多く、トラブルを防ぐには見積りはとても大切な引っ越しの始まりです。

長距離の引っ越しは金額も高額のため週末の作業よりも平日の作業が割安になることがあり、週末の作業が可能であれば平日の見積りもしておくと良いです。金額優先であれば平日の日中作業が割安になるので利用してみましょう。また、長距離の引っ越しは1日で終わらせなくてはいけない大きなイベントですので当日までに用意や準備を済ませておく必要があり、不要な家具や家電は早めの段階で片づけて早めの見積りを心がけましょう。

遠距離の引っ越しを安くするコツ

先程の通り、長距離の場合は高額になることがほとんどです。予算内で業者を探すとしても思い通りにならないこともあります。しかし、転勤辞令が出たら遠くても引っ越しは必要不可欠。そのときは、今使っている家具や家電を処分して新しい家電を購入せず少し今使っている家財を運んで使うと考えることでしょう。しかし、引っ越しは、引っ越し費用以外にお金がかかってしまいます。引き払いをする際に、状態によってはクリーニング代の請求や、時期を急ぐのであれば二重家賃で生活することもあります。当然、新居の敷金礼金も必要になり、買い足さなくてはならない物もあることでしょう。そうなると、全体的に引っ越し費用は高くなってしまうものです。

特に、長距離となると、基本料だけでなく人件費、ガソリン代、高速代などの費用も請求されることでしょう。
しかし、近年では割引できるプランを設けている業者もあり、一社に絞るのではなく様々な業者を探すことで、少しでも安く引っ越しできる方法もありますのでしっかりと比較して検討してみましょう。

「混載便」って??

近年では、料金を抑えるための方法で、引っ越し業者の中には混載便を設けているところが増えています。引っ越しをするとき、一台のトラックを用意するのが基本的な引っ越しです。しかし、一人暮らしとなると一台トラックを用意しても荷物が少量だと空いたスペースが出てきます。そのときに、空いているスペースを使って他の人の荷物も一緒に積んで運ぶことで、近場であっても基本的な料金と比べて料金を安くできることが可能になるのです。

ひとり暮らしで必要な荷物というのは、意外と少ないものです。またマンションによっては、家具や家電などがあらかじめセットされた住宅もあるので、新たに設置しなくてはいけない物もほとんどありません。男性であれば、必要最低限の衣服でいい方も居られるので、身軽に引っ越しできることでしょう。そういった”引越しの荷物がは少ないが、一人で運ぶには少し面倒”という方は混載便がオススメかと思います。

平日の引越しをおすすめします!

引越しを検討するとき、移動や荷物の準備・設置や仕事の状況によって、休日に予定日を入れることが多くなることでしょう。ですが、業者によっては平日だけに行っているお得なサービスもあり、なぜ平日に安い料金で出来るかと言いますと、平日に引っ越しする人がが少ない為、トラックの空きが多いからなのです。平日は料金が安くなりますが、引っ越しの質が下がることはありませんので安心です。長距離の土地に引っ越しをする際は平日なら費用を抑えられるお得なプランがあるので是非、利用してみましょう。

また、引越し業者に依頼の集中する日は月末や月初付近が多くなっています。これは、不動産業者との賃貸契約が関係しているためです。家賃を日割り計算しなくてもいいように、また解約する際、住んでいない期間分の家賃は払いたくないという理由などがあげられます。その他にも特に引越しをする時間帯に決まりがなければ開いている時間帯のフリー便を利用するのも良いかと思います。

以上の記事を読んで長距離引越しを少しでも安く抑えて質の良い引越し業者が見つかればと思います。

引越し費用を更にお安くしたい方は、「引越し+不用品買取り・回収セットプラン」がおすすめです!
・引越し費用を安く抑えたい
・引越しする当日まで不用品を使用したい
・引越しと不用品買取り・処分を一緒に済ませたい
という方は、引越しと不用品買取り・回収が同時にできる生活レスキュー隊へご依頼ください。

不用品買取りサイトはこちら

不用品回収サイトはこちら

お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ:0120-580-919

0120-580-919

9時〜21時365日対応

LINE

LINEでお問い合わせ
24時間受付中!

LINE装飾