引越し依頼をするタイミングとポイントをご紹介します!!

引越し依頼をするタイミングとポイントをご紹介します!!

こんにちは!
生活レスキュー隊です。

引越し依頼をするタイミングとポイントをご紹介します!!

皆さん、引越しすることが決まってからどのくらいに引越し業者に引越し依頼をするのかご存知ですか?依頼するタイミングが分からない…。そんな方は必見!!これから依頼するタイミングとポイントをご紹介します。

まずは引越し業者を選ぼう

11CF20DE-DD66-486E-AF25-594BAA109AD6

引越しすることが決まれば、新しい生活への気持ちが高まる一方で、実際の引越し準備はとても大変な作業となります。最近ではたくさんの業者がプランやサービスを展開しています。

家族で引越しするための業者や、単身者のためのパックサービスを扱っている業者があり、積み込みから引越し先での荷下ろし、家具の配置だけではなく電化製品の設置、ダンボールなどのゴミの引き取りまで行ってくれる業者も多数あります。

依頼を引き受けてくれる業者は多いですが、何を持っていくか決めたり、ダンボールに詰めたりする作業は自分で行わなければなりません。ダンボールに荷物をつめるのにも数日はかかってしまいます。そのため余裕を持っての行動が好ましいですね。引越しが決まったら、どんなポイントを重視して引越し準備を進めて行くかしっかりと確認しておきましょう。

まずは、どの業者にお願いするかということが一人つのポイントとなります。見積もりは、インターネットからできる業者も増えつつありますので、一つの業者に絞るのではなくいくつかの業者を比較してみても良いでしょう。最低でも3社は比較することをオススメします。

どの業者にもプラン内容や強みがあるため、ホームページなどをよく見てチェックしてみることが大切です。ホームページのチェックは最初の一歩なので、なるべく早い段階で確認するようにしましょう。引越しをする2カ月~1カ月前くらいにチェックしておくと、余裕をもって準備することができます。

まずはどの業者に依頼するのかを明確にしておかないと、引越しのイメージがなかなかできません。業者によってサービス内容も異なりますので引越し用のダンボールを提供してくれるサービスがあるのか、自分でダンボールを準備しなくてはいけないのかなど。また、運搬のみのプランでいいのか、それとも他のサービスがを利用するのか確認する必要もあります。

大型家具の設置は自身で行わなくていけないのかそれともサービス内容に含まれていて設置も行なってくれるかなども大切です。エアコンについては依頼する引越し業者がしてくれるのかなども事前に確認しておく必要があります。把握できていないと当日に焦って業者を別で探さなくてはいけない羽目に成り兼ねませんので注意が必要です。

はっきりとした見積もりを出してもらう場合は、実際に見積りに来てもらい家具の大きさなどを見てもらうようにしましょう。

見積もり依頼のタイミングは?

2B5E4528-AED2-4A29-B913-1D4FEF1DBC6D

見積もりを依頼するポイントは、なるべく具体的に引越し先が決まっており引越し日が決まっている・持っていく荷物はどれなのかが前提になります。それは何故かと言いますと、住所(引越し先)がはっきりしていないと正確な見積りが出来ないからなのです。また新居の作りや構造(エレベーターの有無)や道の広さでトラックが通る事は可能かなどの判断も必要になるからです。

また、引越しを行う日が平日なのか土日なのかで費用も変わっていきます。平日であれば引越し費用が格安で行えるといったメリットもあります。更には、土日に引越しをされる方は多いので希望の日にちや時間帯に予約ができないといったこともあります。

持っていくものについての確認もとても大切になります。部屋の中をチェックし、持っていくものをチェックしメモしておきましょう。大型家具から始めていくと、うっかり入れるのを忘れるということがなく安心です。見積りを行ってから荷物の実際にこれくらいで収まるかなと思っていても、それより荷物が多かったという経験は誰でも思い当たるこ確認を行うと運搬する荷物が増えるのでもちろん見積りされた金額よりも値段が上がってしまうことになります。

特に忘れがちなのが、自転車やバイクのような家の外にある荷物です。植木鉢など庭に置いているようなものもしっかりとリストに入れましょう。これらは形状が複雑ですので見積り時に梱包方法を事前に聞いておきましょう。大体の業者は引越し当日に梱包をスタッフの方が梱包作業をおこなってくれます。運ぶ荷物の量や種類によって作業人数が変化したり、トラックの大きさが変わるため、しっかりと確認した上で見積もりを依頼するようにしましょう。

単身引越しの場合は、1ヵ月ほど前になったら予約を取りましょう。業者がすぐに見つからない場合も考えられるため、早めに取りかかると良いでしょう。遅くとも2週間前までには、どこの業者に依頼するのか決めるべきです。引越し予約の時期については特に決まりはありませんが予約のタイミングの違いで得をするのか損をするのか大きく差が出てしまいます。

お得に引越しできるポイント!

C0FA3F09-9679-4DB1-85B8-EE26EB730DB9

引越しの予約時期は「2週間~1ヵ月前」が目安となっています。この時期が予定がはっきりしており余裕を持って準備できる期間となっています。しかし、引越し先やスケジュールがなかなか決まらないといったケースもあるかと思います。その場合は、詳細が決まっていなくても大丈夫なので、遅くても2週間前までには業者を押さえておきましょう。そうすれば、直前になっても業者が見つからないというトラブルは避けられます。

引越し予約を早めに取ると得する理由と引越し予約が直前になり損する理由

早めに引越しの予約をすると、様々なメリットがあるのです!ここでは、いくつかの早期予約のメリットについて説明していきたいと思います。

希望する日程、時間帯の予約が取りやすい

予約が早ければ、希望する日にちや時間帯に予約をすることが可能になります。逆に日程期間が短いと予約が埋まってしまい希望日に作業が出来ないといったことも…。それを避けるためには余裕を持って業者をおさえておきましょう。

希望する日時で予約が取れない

最大のリスクは予約が取れないと場合です。希望日に予約ができないとなると退去日を引き延ばすか前倒しして行わなくてはいけなくなります。そうなると色々と問題がでてきて出費が増えてしまう原因に…。

引越し料金が安くなる

早めに予約をしてもらうことにより、業者にとってもメリットがあります。それは、トラックや作業員を早めに手配できるため、無理なく段取りが組むことができるためです。そのため、早めの予約を早くしてくれた方には、値引き交渉などにもスムーズに対応しくれる傾向があります。

引越し料金が高くなる

引越しの予約がギリギリになると、予約が埋まってしまっている場合などはスタッフの手配が必要になり料金が割高になりケースも。日にちが迫っていると他の業者を探さずとりあえず予約ができたらと他社と金額を比べずに予約してしまうケースもあります。

荷造りに焦らなくても良い

早く予約することは、荷造りにおいてもメリットがあります。なぜなら、ほとんどの引越し業者は、契約者に無料でダンボールを提供しているからです。早めに荷造りのダンボールが確保できれば荷造りも早い段階で進めることができ焦る必要がなくなります。

また、無料でダンボールを提供してもらえない場合でも早めのダンボール確保も可能になるのでこれもまたメリットと言えるでしょう。そのためにも早めの予約を心がけましょう。

荷造りが間に合わない

A4D07682-322C-4A4E-92F0-318AD83DFB79

予約するのが遅くなると、ダンボールが手に入るタイミングもギリギリになってしまい荷造りを焦っておこなうことになります。また、焦ってするものの引越し当日までに間に合わないといったことも考えられます。

このように、引越しの予約が遅くなってしまっただけで、大きなリスクを背負うことになります。ですので、引越しの「2週間~1ヵ月前」を目安に、予約は早めに取るようにしましょう。

引越し費用を更にお安くしたい方は、「引越し+不用品買取り・回収セットプラン」がおすすめです!
・引越し費用を安く抑えたい
・引越しする当日まで不用品を使用したい
・引越しと不用品買取り・処分を一緒に済ませたい
という方は、引越しと不用品買取り・回収が同時にできる生活レスキュー隊へご依頼ください。

不用品買取りサイトはこちら

不用品回収サイトはこちら

お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ:0120-580-919

0120-580-919

9時〜21時365日対応

LINE

LINEでお問い合わせ
24時間受付中!

LINE装飾