大型家具の引越しはどうすればいいの??

大型家具の引越しはどうすればいいの??

こんにちは!
生活レスキュー隊です。

大型家具の引越しはどうすればいいの??

新居を見つけてさあ次は引越し業者を探そう!となったとき、見積りを何社か依頼する方は少なくはありません。実際に見積りをお願いしてみたが家には大きな家具がある…。大きすぎて玄関を通らないためこれでは吊り上げ作業になるので料金が上がってしまう。そんな場合も起きてしまいます。またタンス類の荷物はどうやって梱包すればいいか分からない。そんなご相談も…。

そんなお悩みの方のために今回の記事は、大型家具の引っ越し方法や梱包方法を詳しく解説しますので是非、参考にしてみてくださいね。

大型家具の分解・組み立ては引越し業者が全て行ってくれる?

E34EBA67-1C65-4E28-A6B4-ADC4409A5F7D

引越し業者へ荷造りを依頼することができますが、オプションサービスであるため別途費用がかかります。料金を安く済ませたい方にはあまりオススメできません。しかし、一部の大型家具の分解、組立、設置は基本サービス料金に含まれている業者がほとんどです。

たとえば、食器棚、タンス、本棚、ベッド、です。また、引っ越し業者によって、大型家具の梱包は当日に無料で行ってくれたとしても、「分解・組み立て」は有料となるケースもありますのでご注意が必要です。見積もり時に、どこまで無料でどのような作業を行なってくれるのかなど質問しておきましょう。

タンスはどうやって準備しておけばいい?

AC6D83AD-41F1-4853-A969-EF1C90E079F6

大型家具の梱包、搬入搬出は引っ越し業者が基本的には引越し料金に含まれています。しかし、大型家具の荷造りや梱包はどこまで行っておけば良いかは、業者ごとで対応が異なります。タンスの梱包は引っ越しの当日に業者が行ってくれるので、地震で梱包を済ませておく必要はありません。

ただし、タンスの中身の衣類などはダンボールへ移しておいてください。と業者から言われることがあります。しかし、これもまた業者によって衣類などの軽いものはそのまま入った状態で良いと言う業者もあります。又は、引き出しを全て外し、荷物は入った状態のまま梱包をするケースもあります。ですから、引き出しに入った貴重品などはしっかりと事前に保管しておきましょう。

このような業者や荷物の種類により梱包の仕方が異なります。荷物に重量がなく、そのままでも簡単に搬入搬出ができるタンスであれば、中身はそのままでも問題無いでしょう。

机の梱包方法

EBE5EB1F-40AD-4D4E-9181-677C62DBF0DD

机には色々な形・大きさがあり特に、食卓テーブル、リビングのテーブルは、折り畳みができるものや分解が可能なこともあり、脚を取り外して運ぶことができますので、引っ越し業者に任せましょう。

もし、折り畳みができない場合や脚を外すことが無理な場合でも、よほど大型サイズではない限り、荷造りや搬入搬出に苦戦することはないかと思います。しかし、学習机については、工夫が必要となりますので参考にしてみてください。

分解が必要か確認

学習机の種類によっては、本棚と机を切り離せることがあり自分で分解するにも難しい作業ではないですが、業者へ依頼しても料金が発生することはないので業者の方にお任せするのが良いでしょう。まれに別途料金が必要な業者もありますので事前に確認をし、料金が発生しないのであれば業者に頼みましょう。

実際に自分で分解してみたものの、いざ新居で組み立てしようとしてみたが組み立てができないといったハプニングも起こり兼ねません。ですので、見積り時に事前に分解の有無を確認しておきましょう。

引き出しの中を空にするか確認

机に引き出しが付いている場合は、中の荷物を別で梱包する必要があるのか確認しておきましょう。また、引き出しに大切な書面や壊れ物が入っている場合はトラブルを避けるためにも事前に別でダンボールに移しておきましょう。

新居へ搬入が可能か確認

引越しするにあたり分解するかどうかは、机に大きさや重量によって異なります。つまり、引越しをするからといって、必ず机を分解しなければならないルールはないのでご安心ください。ただし、新居へいざ搬入しようとしたときに、玄関に通せず机を分解しないと搬入出来ないこともあります。場合によっては、分解するより、クレーン車を使って窓から搬入した方がいいと判断される場合もあります。

新居の搬入搬出経路が事前に分かっているのであれば、エレベーターや階段、玄関、部屋の入り口の幅や高さなどを前もって確認しておくことをオススメします。

ベッドを梱包する方法

A3AC038C-5DCB-4BA1-8A25-7E5905D93138

ベッドについては自分で分解をする必要はありません。ベッドに付いている引き出しの中身は空にしておくことは忘れないようにしましょう。あとは、本体とマットレスの状態にだけしておけば問題ありません。ご自身で分解してしまうと組み立てが上手くいかなかったり、部品の紛失の恐れもあります。解体が必要ない場合もありますのであとは引越し業者にお任せしましょう。こちらもまた無料で行ってくれる業者もあれば有料の業者もありますのでお見積り時に確認しておきましょう。

引き出しの中身は別梱包が良い?

2DA14119-6301-446C-9233-2198677DFBBF

引き出しの中身は、別で分けて梱包した方が良いのか分からないという方は少なくありません。引き出しの中身を片付けるには、手間で時間も掛かり面倒に感じてしまうものです。スムーズに引越ししたい方や、大切なものが保管されている場合は、ダンボールに梱包することをオススメします。しかし、手間をかけてわざわざ別に梱包する必要はありません。

いくつか梱包方法や分解・組み立ての有無をお伝えしましたが、どの状況になっても焦らず対応できるように事前に業者に確認を取っておくことが大切なポイントです。

大型家具の分解・組立てについての注意点!!

2A192154-4D36-4422-A049-F1C4A6AA90E1

大型家具の分解や組み立てを行う際に、注意しておきたい注意点についてご紹介していきます。意外にも見落としがちなポイントを中心にお伝えします。

新居での設置場所を決め、事前に掃除をしておく

新居へ荷物を搬入する際、大型の荷物から先に運び込まれます。その後に、ダンボールなどの細かな荷物を搬入といった順番になります。大型の家具は、一度設置してしまうと、重さもありますので簡単に動かすことができません。そのため、設置場所や設置スペースの掃除は先に済ませておきましょう。

床にキズが付かないようにマットを準備しておく

床の材質によって、重たい家具を置くことで、へこみやキズが付いてしまうケースも。そのため、そのようなトラブルを防ぐために、マットや保護キャップなどを購入して準備しておきましょう。

家具の写真を撮っておく

丁寧に梱包をして運搬や搬入搬出を行ったとしても、家具にキズが付いてしまうことはもちろんあります。後々、引越し業者と揉める原因となりますので、心配であれば引越し前に家具の写真を撮っておくようにしましょう。

部品・必要な工具はすぐに取り出せる場所に

大型家具の分解や組み立てを、すべて業者に頼むのであれば、心配はありません。ただし、自身で分解も組み立てもする際は、注意が必要です。必ず部品はひとまとめにしてビニール袋などに入れメモ書きをして保管しましょう。そして、工具と一緒にダンボールに梱包しダンボールにもわかるようにメモしておきましょう。

そうすることにより、部品の紛失を防ぐことができ、スムーズに新居での組み立て作業に取り掛かることができるのです。

引越し費用を更にお安くしたい方は、「引越し+不用品買取り・回収セットプラン」がおすすめです!
・引越し費用を安く抑えたい
・引越しする当日まで不用品を使用したい
・引越しと不用品買取り・処分を一緒に済ませたい
という方は、引越しと不用品買取り・回収が同時にできる生活レスキュー隊へご依頼ください。

不用品買取りサイトはこちら

不用品回収サイトはこちら

お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ:0120-580-919

0120-580-919

9時〜21時365日対応

LINE

LINEでお問い合わせ
24時間受付中!

LINE装飾