引越しに必要なダンボールの入手方と梱包方法をご紹介!

引越しに必要なダンボールの入手方と梱包方法をご紹介!

引越しに必要なダンボールの入手方と梱包方法をご紹介!

今回の記事は、引っ越しで必ず必要なダンボールの入手方と梱包方法をご紹介致します!!荷造りを際はダンボールはどのくらい要るのか?と考える人も居ますでしょう。

引っ越し経験が多いひとであっても、「あれ?少ない…。多くてたくさん余った…。どうやって処分すれば?」と思った人も少なくはありません…。そんな失敗が起きぬよう解説します!!

引っ越しの荷造りと梱包するダンボールの数は、目安で単身の人で1020枚、家族の人で30枚以上と言われておりダンボールは引っ越し業者が決まった際にもらえることが多く、自身で購入するか、無料でもらえる店舗で集めなくてはいけません。

しかし、業者からもらった場合でも枚数に決まっていることも…。その際、自身で集めてこなくてはないけません。そんな問題起こっても冷静に対応できるように参考にお読みになって下さい。

4F23C0E8-4E8D-47FE-8325-6FEFA7784305

入手法

  1. 業者から貰う
  2. スーパーに自身で無料のダンボールを取りに行く
  3. 自身で購入する

必ずご自身で用意する必要はないですが、引っ越し業者が決まった時、又は見積り時に事前に【ダンボールはもらえるか。貰える数は決まっているか】を聞いておくと安心です。

ご家族の多い家庭であれば1~3の順に準備するのが良いです。ダンボールを多く集めてしまうと逆に処分に困るので状況に応じて揃えてると良いです。

引っ越し業者から貰う

多くの引っ越し業者は、申込者に対しダンボールを無料でお渡しする便利なサービスが設けられており、貰える枚数は引越し業者・部屋の間取り・プランによって違います。単身パックだと無料で貰うことができないこともあるので確認しておいてください。

スーパーに自身で無料のダンボールを取りに行く

特にスーパーでは無料配布しているお店が多くあります。ですが、地域やお店によって違いますのでご注意を。下記のような小売店でも集められるので参考にしてみて下さい。

  • ホームセンター
  • ショッピングセンター
  • コンビニ
  • スーパー

この4つの店舗はダンボールを使うため、多く保管していることも。使用しない段ボールは処分するまでバックヤード等で保管しているためご自身で足を運べば譲ってくれます。

自身で購入する

上記の内容でも数が足りてない際は、購入することも検討しておきます。オンラインショッピングやホームセンターで手軽に買うことができますので利用してみても良いでしょう。足を運んで購入するのは厳しい人は、ネットで購入することで楽に購入が可能です。

しかし、お店で買うとなるともちろん料金がかかってしまいます。数枚程度で足りる人には問題ありませんが、全てのダンボールを自身で購入するすれば費用が掛かりますのであまりおススメ出来ないです。

大量に安く購入したい際は、事前にネット通販を使って「まとめ売り」で、安く注文できるメリットがありますので押さえておきましょう。

上手に梱包するポイント

次にダンボールが準備できたら梱包作業を行ないます。ダンボールが集まった物を適当に詰めれば良い訳ではありません。上手に梱包するにはまず荷物の重さに応じて使い分けましょう。

8DDCFA7D-6A6F-413B-866F-787A815FDE21

※ポイント:小さいダンボールには重い荷物、大きいダンボールには軽い荷物

  • 大きいダンボールに重たい荷物をたくさん入れると運ぶ際に底が開く
  • 重過ぎると運ぶときに苦戦する
  • 重たい荷物を無理に持ち上げて腰を痛める

ついつい、大きなダンボールには重たい荷物を入れてしまう傾向があります。詰め終わった後に失敗してしまったと気付く前に使い分けには注意です。

スムーズな引っ越しをするには重さが重要

大きいダンボールに荷物を詰めてしまうと、ダンボール自体が中身の重さに耐えることができず底が抜けてしまうことがあるのです。底が抜けない重さは15kg程度が目安になり、ダンボールの質により違いますので、問題無く持ち上げられる程度に詰めるようにしておきましょう。

組み立て方

FFB8506C-A02A-42C2-9E47-9B63AB5ED9FA

重たい荷物を入れてしまうと箱の底が抜けてしまう場合があります。ダンボールは組み立て方によって強度が変わります。間違った組み立て方をして詰めてしまうと運ぶときに底が抜けてしまいます。

作り方・組み立て方法

梱包した状態で持ち上げると、中心に最も荷物の圧力がかかるため、底が抜けてしまう原因は、圧力に耐え切れずに中心に貼っているガムテープが剥がれてしまうことが原因なのです。

ですので、ダンボールの底に張るガムテープを一本だけで済ませてしまうのではなく十字に張ることで、一番圧力がかかる中心部分を補強することができ底が抜けにくくなるでしょう。

悪いダンボールの作り方・組み立て方法

ガムテープをHの形で張るのは効果はありません。一番圧力がかかってしまうのは真ん中部分ですので補強できていないとなるとこれもまた運搬中に底が抜けてしまう原因です。

食器の詰め方とコツ

陶器や割れ物を梱包する方法をご紹介します。簡単に梱包できる資材が新聞紙。特によくされる方法がお皿を数枚にまとめて新聞紙で包むやり方です。これは割れる原因になるので一つずつ梱包しましょう。

289B7750-9DBE-4910-9FCE-B93CCFE0D2F4

1.陶器類は重さがあるので小さいサイズのダンボールに詰める

2.ダンボールの底にクシャクシャにした新聞紙を敷く

3.食器と食器の間、ダンボールと食器の間にクシャクシャにした新聞紙を詰めておく

4.間に新聞紙を挟んで食器が動かないよう固定

引っ越し業者にダンボールを回収処分してくれる?

業者によって、無料で引き取りしてくれるサービスもあります。各業者によってサービス内容は違いますが、引越し後に1回だけ無料で回収してくれたり引っ越しが終わってから、3ヶ月間は回数に決まりがなく無料で引き取ってくれるなどもあります。

越し用ダンボールの入手と梱包方法のまとめ

ダンボールは引っ越し業者に依頼をすると無料でくれることがあるがもらえる枚数は、業者や間取り・プランなどによって違いがあるため、事前に依頼する引っ越し業者に問い合わせしておきましょう。

荷造りを進めていき、引越し業者からもらったダンボールが足りなくなった場合、引越し日までに余裕のある方は、引越し業者へ中古のダンボールがもらえないかお願いしてみましょう。引越し日が間近の方でも、近所のスーパーなどに行けば無料で入手できます。特にドラッグストアでダンボールを手に入れるのがいい方法です。

引越し費用を更にお安くしたい方は、「引越し+不用品買取り・回収セットプラン」がおすすめです!
・引越し費用を安く抑えたい
・引越しする当日まで不用品を使用したい
・引越しと不用品買取り・処分を一緒に済ませたい
という方は、引越しと不用品買取り・回収が同時にできる生活レスキュー隊へご依頼ください。

不用品買取りサイトはこちら

不用品回収サイトはこちら

お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ:0120-580-919

0120-580-919

9時〜21時365日対応

LINE

LINEでお問い合わせ
24時間受付中!

LINE装飾