引っ越し当日に雨!そんな時の注意点と対策をご紹介!

引っ越し当日に雨!そんな時の注意点と対策をご紹介!

こんにちは!生活レスキュー隊ブログ担当の村田です。

引っ越し当日に雨!そんな時の注意点と対策をご紹介!

この時期の引っ越しは、梅雨入りもあって引っ越しの時に天気が雨…。そのとき引っ越し作業はどうなるのか気になります。そんな心配がある人の為の、引っ越し当日に雨が降ってきたときの注意点と対策をご紹介します。

引っ越し当日に雨が降ってきたときは?

1D2C8222-1AA5-426B-86EA-343626C758A5

引っ越し日に悪天候になったときは、どうするのか不安になるひともいます。また、引っ越しがキャンセルになるのかと考えるひとも。しかし、キャンセルになることは絶対にありません。

では、どんな対処をしたら良いのか。最も重要なポイントは、まず荷物の防水対策をすることが重要。天気が悪い時の作業をする上で一番心配なのは、荷物に影響が出てこと。

家電製品や精密機器は水に弱いため故障の原因になります。また、革製の衣類やソファー、鞄も水には弱いので水に濡れないように対策しなくていけません。

業者は雨の日に備えた梱包内容は心得ていてなるべく濡れぬように梱包してくれますが、自分で荷造りをするプランであれば、荷物を水に濡れないように梱包をうまく自分でしないといけません。

水に濡れたことで故障の原因となる家電や、またシミになる家具には防水シートやビニール袋で丁寧に包んでおきます。大切な荷物は、自分で対策をしましょう。荷解きをしたとき水に濡れてしまったことで家電製品が動かなくなったといったトラブルにならないように、自分でできる限りの対策をしておきましょう。

全て業者に任せるプランであれば、作業は全て業者に任せるので天候が悪いときの対策など事前に確認をしておきましょう。しかし、悪天候が理由でキャンセルはできないので、その際はどうするべきなのかと心の準備をしておきます。天気のいい悪いは前日又は当日にならなければ分かりませんので、確認はしっかりとしておきましょう。

しかし、大きい台風がきているとき、作業中に影響があることもあるため、こういったときはどうなってしますのか一度業者に相談をします。

当日のキャンセルは基本NG

8A03812D-44C4-4F9D-AEAD-E6D47F123076

ここでは、悪天候の際の引っ越し業者の対応についてです。国が定めている”標準引越運送約款”によれば、『地震・津波・洪水・暴風雨・地すべり・山崩れ・その他の天災に限り、業者からのキャンセルはできる』と決まっています。ですので、通常の雨や雪の日は、ほとんど業者からキャンセルと言われることもありませんので作業はしてくれます。災害が起こる可能性があれば、するかどうかは業者側が判断するため、どの程度の天災でキャンセルになるのか事前に確認しておくと安心ですね。

悪天候の日に、業者側も撥水性のあるビニールのカバー等で濡れぬように対策を丁寧にしますが、自分で荷造りするのであれば、自分でしっかり対策をしましょう。荷物に何かあったらと心配な人は保障について確認をしておきます。

キャンセル料を支払えば当日のキャンセルも出来ますが、使用した梱包資材の支払いもあるので、キャンセルはおすすめしません。どうしても悪天候の日に引っ越しをするのは嫌なひとは、事前の天気予報をこまめにチェックし、キャンセル料のかからない期日までに日程変更を依頼するようにしましょう。業者によってキャンセル料がかからない日までに日を変えてもらえることもあるので、必ず確認しておきます。

荷物の防水対策とは?

引っ越し当日が晴れか雨かは荷造り中には分かりません。引っ越し業者に頼んでいる際はある程度の対策をしてくれますが、自分で準備するときは何も考えずに梱包してしまいます。引っ越しの1週間前や前日になったらある程度天気は分かりますが、早めに梱包をする人もいます。

7C8DB1F8-1644-4FCD-A000-CB31BCC1024A

すでに梱包した荷物で小さな段ボールなら容量が大きめのごみ袋に段ボールを入れたら簡単に対策ができます。段ボールは水に塗れてしまうと強度が落ちてすぐに破れてしまいますので、段ボールごとビニール袋に入れる事は非常に効率が良いです。また、電子レンジや他の家電もスーパーのビニール袋やごみ袋で対策ができ、お金をかけずに防水対策ができます。

また、引っ越しが終わったからと安心するのは注意が必要。引っ越し後、濡れたまま放置してると湿気やカビの原因になるため、なるべくはやく荷ほどきをするようにしましょう。

雨の当日料金が割り増しになる事ってあるの?

雨の日の引っ越しは通常通りの荷物運びとはいきませんよね。水濡れの対策によってサービスがかかるのかは引っ越し業者により異るためトラブルを避けるためにも事前に見積りを行う際に確認します。雨で家財が濡れたら心配になりますが、引っ越し業者もプロなので事前に注意点を確認しておくのです。

雨の日に注意すべき事

AF57FA44-E268-46A9-8315-42348FAF76A3

雨天時に注意すべき点の一つとして傘まで梱包してしまい、どこにしまったのか分からないひとがいらっしゃいます。引っ越しのときに雨が降り傘が必要なときに傘がすぐに取り出せるように傘は単体でビニール紐でまとめて縛っていくと良いです。あらかじめ天気予報で雨が予想されたときは傘を取り出しやすいように梱包します。

また、荷物を運び入れてからはすぐに家財の破損などをチェックします。雨でなくでも重い荷物を運ぶので破損チェックは大切です。業者も注意を払って搬入を行っておりますが、万が一という事がありますので、確認をして気づいた事があったらすぐに引っ越し業者へ伝えるなど即対処が重要です。

最後に

雨の日に関する引っ越しについてご紹介しました。もしもに備えて予め準備の段階での対策が大切。引っ越し業者もプロではありますが、気になる荷物があるときは自分でしっかりと対策をして運ぶ方法もあります。雨の日の事も考えてしっかりと引越し業者を比較し、雨の日にどのようなサービスを行っているのかしっかりと確認を行いましょう。天気や悪天候の際の水濡れ対策サービス料が発生すのかなどの事前確認を忘れないようにしましょう。

引越し費用を更にお安くしたい方は、「引越し+不用品買取り・回収セットプラン」がおすすめです!
・引越し費用を安く抑えたい
・引越しする当日まで不用品を使用したい
・引越しと不用品買取り・処分を一緒に済ませたい
という方は、引越しと不用品買取り・回収が同時にできる生活レスキュー隊へご依頼ください。

不用品買取りサイトはこちら

不用品回収サイトはこちら

お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ:0120-580-919

0120-580-919

9時〜21時365日対応

LINE

LINEでお問い合わせ
24時間受付中!

LINE装飾