遠距離引っ越しの費用を抑えるコツをご紹介!

遠距離引っ越しの費用を抑えるコツをご紹介!

こんにちは!

生活レスキュー隊ブログ担当の村田です。

遠距離引っ越しの費用を抑えるコツをご紹介!

今回の記事は、遠距離の引っ越し費用を抑えるコツ中心にご紹介!またどんな引っ越し業者を選んだら良いかお教えします。お伝えさせていただきます

遠距離引っ越し

タクシーで長距離移動をするとき、距離で料金が高くなりますよね?引っ越しも同じ仕組みになっていて、長距離の引っ越しをすると金額が高額になります。ですが、会社からの転勤辞令が出ると、どれだけ遠くてもその地域へ引っ越ししなくてはならないため避けることはできません。

その時に、今使っている家具や家電を全て新しく買い替えるのではなく、少しでも節約するには、今使っているものを引っ越し先でも使い荷物を全て運ぶという人もいます。しかし、引っ越しは業者に荷物を運んでもらう費用以外にも色々とお金がかかります。旧居の引き払うときに、家の状態で別途クリーニング代を請求されることも。

壁にキズや元々あった備え付けのものが破損しているとお金を支払う必要があります。時期を急ぐ際には二重家賃の生活となることも…。もちろん、敷金礼金も必要になり、新たに必要な家具家電もあるでしょう。そうなると、総合的に必要な費用は多くなります。

特に、遠距離の際は、運賃だけではなく人件費、ガソリン代といった費用を加算して請求されるケースも。遠距離ならば、移動にかかる時間も長くなるので、長距離の運転は連続するのが難しく途中で休憩も必要なので経費がかかり、費用は高くなるのです。

しかし、最近は業者も試行錯誤して割引可能なプランを設けたり、リーズナブルな料金で引っ越しができる業者も増えています。そこで、幅広い業者の情報を集めることにより、リーズナブルに転居ができるので比較検討が必要になります。まずは多くの引っ越し業者を見つけ調べてみる、一度見積りをするなどの方法を取ります。

引っ越しの新しいサービス”混載便”

最近は、料金を抑える工夫をし、業者の中には混載便というプランを提供している業者が増えています。引っ越しをするときは、一件に一台のトラックが用意されます。ですが、単身での引っ越しだと、一台まるまるトラックがあったとしても荷台に余裕があるケースも。

単身の方で荷物が少量の方も多く居ます。そのときに、空いたスペースに他の人の荷物も一緒に積み運べば、遠距離でも一般的な費用と比べて料金を抑えられます。長距離の際は、ガソリン代や高速料金が必要なので、複数の依頼で分けられる混載便は費用がとても大きなメリットとして挙げられます

4B52BA5D-347D-40E9-880E-6C76EB2E0ED7

現代では転勤、出張で長くそこに滞在するため、マンションを短期間で契約しないといけないときであっても、家具・家電の生活で必要なものを最低限に用意されているマンスリーマンションも。その場合は、少量の荷物だけど、遠距離引っ越ならば混載便を使うと予算を抑えられるかもしれませんね。

業者側も輸送する手間が一度で良いので人件費を抑えることが可能です。また、作業量を増えるので両者にとって最高のプランでしょう。

平日の引っ越しがおすすめ

AFFC626E-9280-4F28-84A0-22B32132DC52

引っ越し考えるときは、移動や荷物の準備・設置などを考えれば、大体の方が休日に予定日を組みます。業者によって平日だとお得に引っ越し可能なサービスも。

なぜ平日に安い料金で出来るかは、平日に引っ越しをする方が少いためトラックの空きが多くあるから。遠距離の引っ越しをするときは平日なら費用を抑えることができ、また引っ越しの質は全く変わることがないため大変おすすめしています。

また、一般的に引っ越し業者に依頼が集中する日は月末・月初付近です。これは、大体が不動産業者との賃貸契約に関係があります。家賃を日割り計算していない物件を使ったり解約するとき、住まない期間分の家賃は払いたくない理由があるので引っ越し日を考えてのことです。

予算だけではなく日程の部分も業者選びの重要ポイントです。業者を探す際は、まず一度どの日に一番空いているか聞いてみると良いです。

チャーター便

31278C86-3F35-4348-91A2-DC03EE223451

”チャーター便”は、決まった日時に引っ越しができるのです。混載便と違って、料金より日程・速さを重視している方に良いのが”チャーター便”。仕事上この時間じゃないと引っ越しができないと色んな都合があり、そんな方のには便利でしょう。トラックを貸し切り自分の荷物だけを運搬する。直送のため時間がかかる心配も無くなります。混載に起きやすい荷物の紛失もありません。全てのを踏まえて一番のメリットでしょう。

チャーター便と通常の引っ越しとの違いは引っ越し業者により多少の違いはありますが、トラックとドライバーのみを引っ越し業者が用意して、荷物の出し入れは依頼者がする。というやり方が多くあります。

これによって作業員の料金を安くできます。チャーター便は引っ越し業者でプランが違うため、内容をよく確認しておきます。

チャーター便にはメリットも多くあるのですがもちろんデメリットあるのです。一番は混載便に比べたら運送費用が高くなります。そしてプランよって作業員がいないので、荷物の出し入れを手伝ってくれる人を集めないといけないのです。

これらの対応が可能ならチャーター便は便利です。知り合いに頼むなり、できれば自分で荷物を運べるようにしましょう。しかし、自分達で運ぶとなれば大きな家具の運搬が大変です。荷物の種類・量を見極め、訪問見積もりのときにでも業者に相談して依頼するか決めましょう。荷物が多いときは、トラックのサイズを変更するため、料金が上がってしまうことも。事前に見積もりしておくことは大切なので、覚えておいてください。

まとめ

遠距離の引っ越しについて解説しました。遠距離の引っ越しを安くするには、人件費や輸送費の安いプランを選ぶ。長距離プランが設けている引っ越し業者が増えているので、色々なプランから検討すると良いです。チャーター便や、混載便もあるのでお得なプランです。

引っ越しをするなら平日がお得。通常のプランだけで検討したら損する可能性も高くなります。当たり前になったている”複数の引っ越し会社に相見積もり”を基本に、長距離プランの有無を事前に確認しましょう。

引越し費用を更にお安くしたい方は、「引越し+不用品買取り・回収セットプラン」がおすすめです!
・引越し費用を安く抑えたい
・引越しする当日まで不用品を使用したい
・引越しと不用品買取り・処分を一緒に済ませたい
という方は、引越しと不用品買取り・回収が同時にできる生活レスキュー隊へご依頼ください。

不用品買取りサイトはこちら

不用品回収サイトはこちら

お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ:0120-580-919

0120-580-919

9時〜21時365日対応