引越し先にエレベーターがない場合の注意点とは?

引越し先にエレベーターがない場合の注意点とは?

引越し先にエレベーターがない場合の注意点とは?

こんにちは!生活レスキュー隊ブログ担当の勇です。

引越し先に荷物を運ぶ際、エレベーターがあるのとないのでは、引越しの料金が変わるのをご存知でしょうか?

元々階段は荷物を運ぶように作られたわけではなく、人が通行するように作られているので、大型の家具などは通ることができず、室内に運搬できないことも、、。
また、運搬できたとしても、その分の人件費や手間などがかかるため追加で料金が発生する可能性があります。

引越し業者によって料金設定は異なりますが、料金を決める仕組みはどの業者もほとんど一緒です。
だいたいトラックの大きさ・引越し先までの距離・荷物を運ぶのに必要なスタッフの人数で料金が決まります。
従ってエレベーターがないところへの引越しは、少量の荷物でも大型家具などがあると、通常よりも人手や手間がかかるため追加料金がかかることもあります。

エレベーターなしの引越し!運搬できない場合は?

17BB2F7F-21D1-41D1-BC68-F58943086363

引越し先が2階より上で、エレベーターもなく、さらに階段で大型家具が運搬できないというケースもあります。
こういうケースの場合、クレーンで吊り上げ窓から搬入するという方法があります。この場合はスタッフの数は少なくて済みますが、クレーン代の料金が加算されるため高額になります。

さらに手吊りという方法もあります。この場合、ロープを使ってベランダや大きな窓から荷物を吊り上げる方法です。クレーンで吊り上げる方法より料金も安く、作業スタッフ(2~3名)によって行われ、家具類を搬入するときにオススメです。ただし、荷物によっては人員の追加ば必要なことや、あまりにも重い荷物の場合、吊り上げができない場合もあります。

エレベーターなしの引越し対処法

B4311626-A91E-4CCF-B601-92A29D285804

エレベーターがない物件で2階以上の部屋に運搬する場合、人の手で運搬するので、さらに追加料金が発生すること場合があります。
そういった場合、1階上がるごとに料金も加算されていくので、事前に業者に確認するようにしましょう。

また、階段での運搬作業は非常に作業しにくいので、引越し作業に慣れている業者でも家具をぶつけてしまったりする場合もあります。
そういった時のために業者側が、きちんと保険に入ってくれているのか、荷物が破損した場合は補償をしてくれるのかなどの確認もしておきましょう。

 

生活レスキュー隊では、ご家族や単身のお引越しなど、お客様にご満足いただけるように、お客様一人ひとりに合わせた引越しサービスをご提案致します。

もちろんお見積りは無料ですので、お気軽に”生活レスキュー隊”0120-580-919へお電話下さい!!

□──────────────────□

■生活レスキュー隊

■フリーダイヤル:0120-580-919

■お電話受付時間:7時~24時

■メール受付時間:24時間

■年中無休

□──────────────────□

0120-580-919

9時〜21時365日対応

LINE

LINEでお問い合わせ
24時間受付中!

LINE装飾