引越しスケジュールの賢い立て方と押さえておきたいポイントとは?

引越しスケジュールの賢い立て方と押さえておきたいポイントとは?

こんにちは!

生活レスキュー隊ブログ担当の勇です。

いよいよ引越しシーズン到来です。もうすぐで引越し日なのにまだなにも準備していない!どうしよう…とお困りの方も多いと思います。

早い段階から新生活の舞台となる地域に関する情報を収集し、利用する引越し業者の候補先を決定しておくなどの下準備が大切です。直前にならないと決定しない部分を除き早い段階からざっくりとしたタイムスケジュールを捉えた上で、速やかに動き出せる態勢を整えておきましょう

見落としがちな引越しのポイントとは?

予期せぬ出費

引越しの際には予期せぬ大きな出費が伴いがちです。最近ではインターネットを用い、複数の業者の料金比較が無料で行えるサイトを利用することもできます。シミュレーションをしておけば、1番のネックとなる家財の移動費に関してこそ概算の事前確認が可能となり、他にも新生活に際して必要となる費用が算出しやすくなっています。

D5A41D28-F1DC-440F-9432-660D7F2CAF1B

断捨離

運搬する荷物が少なければ少ないほど引越し費用も安くなるので、引越し準備の際に必ず断捨離を行うようにしましょう!

76BB84F0-1E79-473B-B8A8-D90C4418EF16

転居先周辺環境のチェック

更に転勤などの理由から、会社側が準備してくれる住居へ転居の場合、現地を実際に確認せぬままの移動当日というスケジュールとなる展開も考えられます。こうした場合、転居先の住居やその周辺環境のチェックを行う必要があるので入居先関連の正確な情報を必ず検証しておきましょう。

DF3B6713-247A-4021-947C-28AD0770E888

スケジュールと踏まえておくべき作業の流れとは?

新たな賃貸物件へ転居の場合、転出する現在の住居を引き払うタイミングと、入居可能日との兼ね合いの見極めが大切です。とりわけ繁忙期の場合、転居先から前入居者が退去を完了後、内装などを整える期間を経た上で、入居可能日が決定されるのが一般的です。

ここでネックとなるのが、繁忙期には内装業者の人手不足から確保に手間取り、契約完了から入居可能日までの期間が長くなってしまうケースです。こうした展開を想定せぬまま、慌てて現住居の退去意向を家主側に伝えてしまった場合、一時的に住居を見失ってしまう可能性があります。必ず確実に入居可能な日時を確認し、引越し業者の手配を終えた後、速やかに現在の家主側に伝える順番を徹底しておきましょう。

また月半ばでの退去の場合、あくまで月末退去として満額の家賃を負担しなければならないのか、最終月を日割りや半額などの配慮が受けられるのかなど、しっかりと確認しておくことも大切です。引越しに関するトラブルの中でも退去時の金銭面の解釈違いに端を発する事例は数多く注意が必要です。その他役所への所定の届け、現住所で契約し利用している諸々のサービスの解約や移転対処など、各々タイミングを見計らった上で、処理しなければならない作業も少なくありません。

こうした見落としがちな作業やスケジュールの立て方に気をつけながら、引越し準備に取り掛かりましょう!

生活レスキュー隊では、ご家族や単身のお引越しなど、お客様にご満足いただけるように、お客様一人ひとりに合わせた引越しサービスをご提案致します。

もちろんお見積りは無料ですので、お気軽に”生活レスキュー隊”0120-580-919へお電話下さい!!

□──────────────────□

■生活レスキュー隊

■フリーダイヤル:0120-580-919

■お電話受付時間:7時~24時

■メール受付時間:24時間

■年中無休

□──────────────────□

0120-580-919

9時〜21時365日対応

LINE

お気軽に
お問い合わせください

LINE装飾