割れ物の梱包に失敗しない方法とは!?

割れ物の梱包に失敗しない方法とは!?

こんにちは!生活レスキュー隊ブログ担当の村田です。

割れ物の梱包に失敗しない方法とは!?

引越し時に行うべき割れものの梱包方法とは!?

割れものといえば、コップや食器類でしょう。専用の気泡緩衝材の梱包材もありますが、身近にあるものでも十分梱包は可能です。身の回りのもので手軽に梱包が出来ると助かりますよね?梱包方法など分かり易く説明していきます。

コップの梱包

まず、新聞紙を半分に切って、コップの開口部を上にしてから、新聞紙の真ん中に置く。次に新聞紙を端から丸めていき新聞紙の余ったところをコップの中に押し込んでいきます。別の新聞紙で2、3回繰り返したら完成です。後は、エアパッキンを巻き付けておけば、ある程度の衝撃に耐えられるかと思います。コーヒーカップ・マグカップの取っ手のあるものは、最初に取っ手部分に新聞紙を巻き付けしてから、上記の作業を行ないましょう。

B510A215-499E-4670-9E6C-A68F7799C4DC

食器の梱包

お皿は一枚一枚新聞紙で梱包します。まとめて梱包してしまうと食器同士がぶつかり合ってしまい、割れてしまう原因です。ダンボールに入れるときは、底部分と隙間に緩衝材を詰めるようにすると割れ防止になります。

752E9DBD-C0DB-4A49-8521-9E7022BEA390

調味料容器の梱包

調味料の入った容器は使い切ってしまうのが一番良いのですが、中身が入っているまま梱包してしまいたいときの梱包方法を4つご紹介します。

  1. 蓋をしっかりと締める
  2. 蓋がない場合は、蓋のある容器に詰め替え
  3. 醤油など入れ物から漏れる心配があるものは、容器をビニール袋に入れる
  4. 大型のタッパーなど、密閉性がある容器にまとめて梱包する
1FDDA117-ECE8-4EE3-8AB8-D32D593A1986
複雑な形のものの梱包

フィギュアや模型、精密な製品の梱包については、買ったときに付いていた箱に入れておくのが良いですが、箱が無いときは次のように梱包しましょう。

まず、外せるパーツはあらかじめ外して、ビニール袋などに入れて保管しましょう。どのフィギュアのパーツか分からなくならない様にビニールにメモをしておくのもいいかもしれませんね。突起物や細かくて弱い部分は、厚紙などで保護し全体をエアパッキンで包んでください。次に、パーツ同士が擦れることによって塗装が剥げてしまうこともあるので、ティッシュなどで保護しましょう。
破損を防止するためにも、フィギュアや模型は必ず一つひとつを梱包するようにしてください。

いくつかの梱包方法をご紹介させていただきました。お引越し後に陶器などが割れてしまっていた…という事にならないためにも、上記のように梱包をしていただけたらと思います。

 

生活レスキュー隊では、ご家族や単身のお引越しなど、お客様にご満足いただけるようにお客様一人ひとりに合わせた引越しサービスをご提案致します。

もちろんお見積りは無料ですので、お気軽に生活レスキュー隊0120-580-919へお電話下さい!!

□──────────────────□

■生活レスキュー隊

■フリーダイヤル:0120-580-919

■お電話受付時間:7時~24時

■メール受付時間:24時間

■年中無休

□──────────────────□

0120-580-919

9時〜21時365日対応

LINE

LINEでお問い合わせ
24時間受付中!

LINE装飾