夏にする引っ越しには4つの注意点に気を付けよう!

夏にする引っ越しには4つの注意点に気を付けよう!

夏にする引っ越しには4つの注意点に気を付けよう!

 

こんにちは!
生活レスキュー隊です。

引っ越しと言えば、新しい生活がスタートする3月から4月が最も多きことが分かっています。他には新年を迎えるにあたり年末に引っ越しされるひとも少なくはありません。しかし、仕事が忙しくバタバタした日々を送っている方にとっては短期間で引っ越しをすることは難しくなるため、夏の間に引っ越しをされるひともいます。
そこで今回、夏に引っ越しされる場合の注意点についてご紹介していきます。

夏の引っ越し注意点

08C498B6-2BD5-4C97-A221-4263A1CF8B0E

1.冷蔵庫

冷蔵庫に入っている食品は引っ越し作業中は、冷やせないために傷めてしまいます。引っ越し当日までに中のものを全て片付けておきましょう。特に保存期間が短い物は早めに食べてしまいましょう。

その他の常温で保存可能な食品はそのまま梱包してしまって問題ありません。処理しきれなかった食品はクーラーボックスを使って一時的に保管することは可能です。しかし、あくまで少量で生ものは危険なので注意しましょう。

2.荷物の梱包

荷造りをするときは必ずしっかりと乾いた衣類を積めるようにしましょう。夏はかなりの気温があるため菌が繁殖しやすくなります。カビや臭いの原因にもなるので注意が必要です。
その他、バス用品や食器やまな板といった荷物も濡れている場合はしっかりと拭き取りをしてからダンボールにつめるように心がけましょう。

3.バス用品はすぐ出せるようにしておく

作業中は、エアコンをつけることができないので窓を全開にした状態で進めていきます。その為、夏の作業は部屋がかなりの温度で汗もたくさんかきます。引越しの作業を終え落ち着いたらお風呂すぐ入れるようにバス用品は分かりやすいように梱包しておくと探し回る手間も省けます。

意外と目に付かない物は適当に荷造りをしてしまいがちなため覚えておくと良いでしょう。

4.夕立

急な天候の変化で作業を始めたときは晴れていても雨が降ってきてしまうこともあります。早めに作業が終えられるように当日までに梱包は済ませておき業者がスムーズ作業を進められるようにしておきましょう。

雨対策は業者も心得ていますが、できる限りの防水対策を行なっておくと安心です。衣類はゴミ袋に入れて梱包しておくだけでも安心ですよ。

引っ越し業者をお探しなら生活レスキュー隊にお任せください!!

FAEAAFD9-D285-4460-A17C-3C550F70C127

”どの引っ越し業者に頼むのが良いのだろう…” ”引っ越し料金が高くて依頼できない”といったお客様は居られませんか??まずは一度弊社でお見積りしてみませんか?
生活レスキュー隊では、追加料金の発生を防ぐ為お客様にもご安心して納得したうえでご依頼いただけるように訪問見積りを無料で行っております。

他社との相見積もりでご検討して頂いてもかまいません。もしもお見積りを他社でされているのであれば弊社にお見せください。最大50%までお値引きすることも可能です。

 

引越し費用を更にお安くしたい方は、「引越し+不用品買取り・回収セットプラン」がおすすめです!
・引越し費用を安く抑えたい
・引越しする当日まで不用品を使用したい
・引越しと不用品買取り・処分を一緒に済ませたい
という方は、引越しと不用品買取り・回収が同時にできる生活レスキュー隊へご依頼ください。

不用品買取りサイトはこちら

不用品回収サイトはこちら

お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ:0120-580-919

0120-580-919

9時〜21時365日対応

LINE

LINEでお問い合わせ
24時間受付中!

LINE装飾