長距離引っ越しの費用を抑えるコツ2選

長距離引っ越しの費用を抑えるコツ2選

長距離引っ越しの費用を抑えるコツ2選

 

こんにちは!
生活レスキュー隊です。

長距離引っ越しの場合だと、どうしても引っ越し費用が高くなってしまうことが多く頭を悩まされているひとが多く居られます。しかし、長距離だから費用が高くても仕方ないと諦めてしまうのではなく、条件の良い引っ越し業者に依頼することで安く引っ越しができる方法もあります。

そこで今回は、長距離引っ越しの費用を抑えるコツをご紹介致します。
引っ越しは様々なことでお金が必要になるので引っ越し作業費だけでも抑えられたと思われている方が居れば参考にしてみてはいかがでしょうか?

長距離引っ越しが高くなる原因

EE9709E4-EE3D-40B7-8927-6BC330974999

引っ越しの料金が変わってくる理由は『移動距離・荷物の量・人件費』によって高くなります。もちろん長距離引っ越しの場合は移動距離が長くなるため費用が高くなる傾向があります。

移動距離によって金額を設定している業者もあるので一度各業者ごとに確認をしてみるのも良いでしょう。

費用を抑えるコツ2選

EB4653E7-FCA1-4437-B609-9A9B2CCC77FE

1.混載便の利用

引っ越しは1件の家につき1台のトラックを使って引っ越し作業を行ないます。そのため荷物が少量しかない単身引っ越しの場合はトラックの荷台に空きが出てきます。このようにトラックの荷台の空きスペースを利用して別の依頼者の荷物を積み一緒に輸送することで運送費用を抑えることができるのが『混載便』です。

メリット

混載便は1台のトラックに引っ越し先が同じ依頼主の荷物と一緒に積み込み運送してくれます。
そのため、ガソリン代・高速料金などの運送費用を複数の依頼主の方と分けて負担することができるので料金が安くなることがメリットです。

デメリット

■荷物の輸送日時を指定することが難しい

■複数の荷物を荷台に積むため紛失トラブルが起きる

混載便は同じ方面に引っ越しする人の荷物が集まらなければ運送日時を決めることができません。そのため急ぎや希望日時でなければならない方にとっては混載便を利用することは難しいでしょう。

2.帰り便

通常の引っ越しは、引っ越し先で荷物を降ろし荷台を空の状態にして帰ります。
長距離の引っ越しは、同じ距離で荷物を積まずに走るのはガソリン代や高速料金の無駄になってしまいます。『帰り便』は空になった状態の荷台に荷物を積んで出発地まで運送するプランになります。

メリット

帰り便とは、空の状態で帰るトラックの荷台に荷物を載せて利用することを示します。
通常であれば往復分の運賃が必要ですが、片道のみの費用で済むため引っ越し料金が安くなります。

デメリット

●新居に荷物を輸送する日時の指定ができない

●トラックの荷台に積めない程の荷物量だと帰り便の利用は不可

帰り便は希望する引っ越し先から引っ越し元への依頼がなければ成立することができません。
簡単にいうと”条件が合わなければ帰り便は利用できない”という事です。

いつ条件に合った引っ越し依頼があるか分からないため引っ越し業者の都合に合わせてでしか利用することができません。一致したからと絶対に利用できる訳ではなく、家財が大きかったり荷物が多くて載せきることができない場合は利用ができません。

長距離引っ越しなら生活レスキュー隊へ

FAEAAFD9-D285-4460-A17C-3C550F70C127

弊社では長距離引っ越しだけでなく中距離引っ越しでもお安く料金の設定をしております。

【例】

大阪東京49800円~大阪愛媛49800円~

更に多くのオプションサービスがあります。

オプションサービス

○格安新電力サービス(無料)

○インターネット回線(無料)

○エアコン工事(有料)

○梱包・解包作業(有料)

○荷物の一時預かり(有料)

○不用品の買取りと回収(無料と有料の場合も有り)

数多くのオプションサービスがありますのでお客様のご希望に沿ってプランのご相談にのらせていただきます。

 

単身引越しするなら大阪の【生活レスキュー隊】にご相談ください。

引越し費用を更にお安くしたい方は、「引越し+不用品買取り・回収セットプラン」がおすすめです!
・引越し費用を安く抑えたい
・引越しする当日まで不用品を使用したい
・引越しと不用品買取り・処分を一緒に済ませたい
という方は、引越しと不用品買取り・回収が同時にできる生活レスキュー隊へご依頼ください。

不用品買取りサイトはこちら

不用品回収サイトはこちら

お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ:0120-580-919

0120-580-919

9時〜21時365日対応

LINE

LINEでお問い合わせ
24時間受付中!

LINE装飾