荷造りのポイント7選をご紹介します

荷造りのポイント7選をご紹介します

荷造りのポイント7選をご紹介します

 

こんにちは!
生活レスキュー隊です。

引っ越し作業で一番大変な作業なのは、荷造りと荷解き…。物が多ければ多いほど荷造りする作業は時間も日にちも必要になります。そこで少しでも楽に荷造りができるようにポイントをご紹介します。

荷造りのポイント7選

24904A1D-DDB1-43C9-8C48-74787F6DE4F0

1.荷造りをする前に不用品の処分

荷造りの負担を減らすには荷造りの作業を行なう前に、不用なものを処分することが重要なポイント。さらには、スペースの確保も大切なので、要らないものを処分するとスペースの確保も同時に行うことが可能です。

2.家具の中身は後回し

家具の中のものから荷造りを進めてしまうとダンボールの数が増えてしまいスペースの確保が厳しくなります。できるだけ最後の方に作業を回しておくと良いでしょう。食器については、梱包に時間が掛かってしまうので早めの段階で荷造りを進めておきましょう。

3.押入れの荷物はまとめて整理

押入れの荷物は、スペースの確保がしっかりとできた状態で行うのがベストです。押し入れは特に収納している物が多い為、十分なスペースが無いと時間がかかってしまいます。荷造り後に、空っぽになった押入れにダンボールを入れておけば場所を取られる心配もありません。

4.ダンボールには荷物を詰めすぎない

ダンボールに大量の荷物を詰めてしまうと最終的にダンボールを運ぶ際に重たくて運ぶことができない場合も…。ポイントは”小さい箱には重たい物” ”大きな箱には軽い物”と覚えておくだけで上手く荷造り出来ます。

5.冷蔵庫の中身は少しずつ減らしておく

クーラーボックスに食品を入れて引っ越しする事ができますが、できるだけクーラーボックス一個分までに減らしておくと良いでしょう。引っ越し後は少し時間を置いてからでなければ電源を入れることができなので冷蔵庫が完全に冷えるまでには少し時間が必要です。
傷みやすい食品は、早めに食べきっておきましょう。

6.小さい棚の物は中身を出さなくてもOKな場合も

衣類などの軽いものは、引っ越し業者によって中身を出さないままでもOKな事もあります。
直接依頼する業者に一度質問してみると良いでしょう。

7.箱の中身はダンボールに直接メモ

メモすることは、荷解きにも役立ちます。中身が分からなければ1つ1つ箱を開けて確認をしなくてはいけないため手間になってしまいます。
大きく分かりやすいようにダンボールの側面と上部分にもメモしておきましょう。

 

お引っ越しは生活レスキュー隊にお任せください!!

FAEAAFD9-D285-4460-A17C-3C550F70C127

弊社では梱包用の資材をご依頼いただきましたお客様にお渡ししております。様々な理由により梱包作業が出来ない方、梱包などプロに任せて楽に引越しをしたい。という方には梱包・解包サービスもご用意しています。

お客様に満足いただける引越しサービスの貢献に力を入れております。

サービス内容や料金のご相談がありましたらお気軽にご相談ください。

単身引越しするなら大阪の【生活レスキュー隊】にご相談くさい。

引越し費用を更にお安くしたい方は、「引越し+不用品買取り・回収セットプラン」がおすすめです!
・引越し費用を安く抑えたい
・引越しする当日まで不用品を使用したい
・引越しと不用品買取り・処分を一緒に済ませたい
という方は、引越しと不用品買取り・回収が同時にできる生活レスキュー隊へご依頼ください。

不用品買取りサイトはこちら

不用品回収サイトはこちら

お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ:0120-580-919

0120-580-919

9時〜21時365日対応

LINE

LINEでお問い合わせ
24時間受付中!

LINE装飾