6つのトラブルと対策法

6つのトラブルと対策法

6つのトラブルと対策法

こんにちは!
生活レスキュー隊です。

お引っ越しするとき、ほとんどの方が引っ越し業者に依頼をされます。業者に任せれば安心して引っ越しできるのは大前提ではありますが、実際のところ業者とのお引っ越しにまつわるトラブルも少なくはありません。
この記事では、6つのトラブルとトラブルに対しての対策法をご紹介します。

6つのトラブル

C0D54E24-3979-477A-8AC0-1A47A7057B69

1.キャンセル料の請求

2.約束していた時間に業者の人が来ない

3.荷物の破損

4.荷物の紛失

5.契約時と作業内容が違う

6.見積りと請求金額が違う

1.キャンセル料の請求

引っ越しを予定していた日にちに急遽予定が変わってしまい変更やキャンセルするしかない人も居られます。
キャンセル料については、業者ごとに様々で内容が異なり、引っ越し数日前であればキャンセル料が発生しないところもあれば10日過ぎたら料金が発生すると全然違います。

2.約束していた時間に業者の人が来ない

基本的には、引っ越し予定日の3日前2日前にご予約の確認のため連絡がくることになっています。その日の交通状況によりやむを得ず約束の時間をオーバーしまうこともあります。
ですが、時間が過ぎたからと延長料金が発生することはありません。

3.荷物の破損

業者は作業前に必ず養生作業を行ないます。しかし、残念ながら養生をしっかりと行なっていても荷物を破損させてしまうことは少なくはないのです。契約内容によっては補償がありますが全て物が新しくなってかえってくるわけではなので注意しましょう。

4.荷物の紛失

引っ越し作業終了後にトラックに忘れ物が無いかの確認が大切です。何日も経ってから気づいたとしても数日経ってからの報告では対応してくれない業者も中にはあります。
現金や通帳・印鑑などの荷物は、業者側では運搬できない決まりとなっており、引っ越しの際に紛失した場合であっても依頼主側の責任となり対応不可のところは多いでしょう。

5.契約時と作業内容が違う

どこからどこまでの作業をすると契約時の書類に記載されていることがありますが、明らかに作業内容が違う場合はその場で作業員に伝えるまたは、担当者に連絡するなどの対応を。

6.見積りと請求金額が違う

見積りしてもらった時と、引っ越し当日に追加で荷物が出てしまったときは、追加料金が発生してしまうことがあります。さらには、荷物の梱包が作業日当日までに終わっておらず、作業員に梱包作業を手伝ってもらう必要が出た場合は、追加料金が発生する可能性は高くなります。

対策法

上記でお伝えしたことは、全て見積りの際に注意をしておけば回避できることです。
一番にトラブルを防ぐ方法は、訪問見積りを対応してくれる業者を見つけて実際に業者の方と顔を合わせて細かく確認しておくべき、『サービスプラン・作業内容・追加料金の有無・荷物の補償内容・キャンセル時の料金』の確認をしておくことで簡単に防ぐことができます。

また作業内容については見積書、契約書に内容を記入してもらい最終チェックを忘れないようにしておきましょう。

 

お引っ越しは生活レスキュー隊にお任せください!!

FAEAAFD9-D285-4460-A17C-3C550F70C127

生活レスキュー隊は、できるだけ訪問見積りで正確な料金をお出しすることと作業内容をしっかりとお客様とご確認ができるようにお願いさせて頂いております。もちろん訪問見積りも無料で行っておりますのでお気軽にご利用ください。

せっかくの新生活スタート。お客様に少しでも良い一日を送ってもらえるようにスタッフ一同力を入れております。

 

単身引越しするなら大阪の【生活レスキュー隊】にご相談くさい。

引越し費用を更にお安くしたい方は、「引越し+不用品買取り・回収セットプラン」がおすすめです!
・引越し費用を安く抑えたい
・引越しする当日まで不用品を使用したい
・引越しと不用品買取り・処分を一緒に済ませたい
という方は、引越しと不用品買取り・回収が同時にできる生活レスキュー隊へご依頼ください。

不用品買取りサイトはこちら

不用品回収サイトはこちら

お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ:0120-580-919

0120-580-919

9時〜21時365日対応

LINE

LINEでお問い合わせ
24時間受付中!

LINE装飾